2chまとめ一覧

【朗報】イニエスタがヴィッセル神戸への移籍で合意!スポーツ報知が報じる「ソシエダ戦の後に来日して会見を行う予定」

今季限りでスペイン1部バルセロナを退団する同国代表MFアンドレス・イニエスタ(34)がJ1神戸に入団することで合意したことが17日、分かった。イニエスタがバルセロナでの最終戦となる20日(日本時間21日)のRソシエダード戦後に発表され、その後、来日して会見が行われる見込み。いよいよJリーグに世界屈指の

【ロシアW杯】コロンビアが警戒する日本代表の選手は乾貴士と酒井宏樹!香川真司と本田圭佑がピークが過ぎている!

ロシアワールドカップで対戦する日本とコロンビア。ブラジルワールドカップでも対戦した両国だが、今回はどのような選手になるのか。コロンビアの敏腕記者が試合を展望する。彼が警戒すべき日本の選手として名をあげたのは意外な2人だった。(取材・文:アドルフォ・ザブレ・ドゥラン【コロンビア】)【著者プロフィール】アドルフォ

【画像】ブレーメンが正式に獲得を発表!ケルンから移籍の大迫勇也「素晴らしいファンと多くの伝統があるクラブ」

ブレーメンは2018年5月16日、ケルンから日本代表FW大迫勇也を獲得したと発表した。移籍金などは双方合意の下、非公表と発表されているがドイツメディアでは移籍金600万ユーロが支払われる見込みと報じられている。大迫は2014年6月に1860ミュンヘンからケルンへ完全移籍で加入。加入4年目の今シーズンは

【画像】大迫勇也がケルンから約8億円でブレーメンに移籍へ!メディカルチェック通過に独紙「W杯が始まる前に契約を発表」

今シーズン、開幕からブンデスリーガでは16戦未勝利と大きく躓き、5シーズンぶりの降格という憂き目に遭ったケルン。そのなかで大迫は、25試合に出場して2ゴールという成績にとどまった。彼には以前から、ハノーファーやデュッセルドルフといったクラブが獲得に興味を示し、本人も4月30日付のドイツ紙『Bild』で「いくつか

【U-21日本代表】久保建英や堂安律は選外!伊藤達哉や小川航基などトゥーロン国際大会に挑むメンバーを発表!

日本サッカー協会(JFA)は2018年5月15日、第46回トゥーロン国際大会2018に臨むU-21日本代表メンバー20名を発表した。海外でプレーするMF伊藤達哉(ハンブルガーSV)や、ケガから復帰したFW小川航基(ジュビロ磐田)、MF三好康児(北海道コンサドーレ札幌)などが選出された。トゥーロン国際大会2018は

【悲報】ガンバ大阪がデュッセルドルフで今季8ゴールの宇佐美貴史に完全移籍で獲得オファー!ドイツで直接復帰を要請!

G大阪が、ドイツ2部・デュッセルドルフのFW宇佐美貴史(26)に復帰オファーを出したことが2018年5月14日、わかった。今月上旬にクラブ幹部がドイツに渡り、宇佐美に直接、復帰を要請した。アウクスブルクから期限付き移籍でデュッセルドルフに加入した宇佐美は、今季8ゴールを挙げてチームの1部昇格と2部優勝に

韓国がロシアW杯の代表メンバー28名を発表!ソンフンミンやイスンウなどJリーグからは5選手が選出される!

大韓サッカー協会(KFA)は2018年5月14日、2018 FIFAワールドカップ ロシアに向けた韓国代表メンバー28名を発表した。韓国代表はロシアW杯でグループFに入った。6月18日の第1戦でスウェーデン代表、同23日の第2戦でメキシコ代表、そして27日の第3戦では王者・ドイツ代表と対戦する。昨年7月から

ハンブルガーが降格も酒井高徳は移籍しない!試合後に残留を宣言「僕は決意した。契約延長してHSVと共に2部へ行く」

ハンブルガーSVで主将を務める27歳の日本代表DF酒井高徳が、早くも残留宣言をした。2018年5月12日に独紙『ハンブルガー・モルゲンポルト』が報じている。現地時間12日にブンデスリーガ第34節の試合が行われ、17位ハンブルガーSVはホームに9位ボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)を迎えて対戦し

ロシアW杯で対戦するコロンビアが日本代表を評価する理由とは?西野ジャパンに現地記者「グループHで脅威となる可能性」

日本代表はハリルホジッチ監督を突如解任した。ロシアワールドカップ開幕まで2ヶ月に迫った段階での監督交代はネガティブになりそうだが、意外にも大会初戦の相手コロンビアでは脅威論が広がっているという。現地大手紙「エル・エラルド」の記者が感じた西野ジャパンの脅威とは? ●突然の監督交代。ライバル・コロンビアの反応は?

【悲報】ポーランド記者がJリーグを視察!日本代表の”過小評価”に疑問「日本サッカーは私たちよりも優れている」

Jリーグを現地観戦したポーランド人記者は、日本サッカーのレベルや試合全体を覆う空気感に対して感銘を受けた様子だ。ライバル日本の情報収集でJリーグを現地観戦、「日本人から多くを学べる」と絶賛。6月のロシア・ワールドカップ(W杯)を控えるなか、日本のJリーグは過密日程のなかで連戦を行っている。そんなJリーグの