2chまとめ一覧

【朗報】ロシアW杯へ西野朗監督がハンブルガーの伊藤達哉を視察!ブッフバルトも日本代表に推薦「ピッチ上で特別な武器」

日本代表の西野監督が、ハンブルガーSVのU-21日本代表MF伊藤達哉(20)を視察する可能性が浮上した。2018年4月14日付のドイツ紙ビルトが、西野監督に今月28日のウォルフスブルク戦か5月5日のフランクフルト戦を訪れる計画があると報じた。本人はこの日、12日の就任会見で示唆した海外視察について「まだ決まって

【悲報】8年で250億円のアディダスがスポンサーの香川真司を日本サッカー協会はロシアW杯で外すことはできない?

サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が9日に電撃解任され、後任に日本サッカー協会の西野朗技術委員長(63)が就任した。6月14日のW杯ロシア大会開幕をわずか66日後に控えての“政変”の舞台裏を探る。そこには、過去に2度日本代表を率いてW杯を戦い、今年3月に日本協会副会長の座を退いた岡田武史

【コメント】清武弘嗣がハリルホジッチ監督の解任に危機感「日本サッカーはいい方向に進まないのかなと思う」

ハリルジャパンから離れている間に電撃解任が決まった。昨年から負傷が相次いだMF清武弘嗣はW杯イヤーとなる今季も2月10日の富士ゼロックススーパー杯後、右腓腹筋筋損傷で離脱していたが、川崎F戦で復帰。試合後、バヒド・ハリルホジッチ監督の解任について言及した。 ハリルから信頼を得ていた清武はW杯アジア最終予選5試合に

【悲報】ドイツもハリルホジッチの解任を批判!香川真司や本田圭佑の冷遇を理由に「極めて驚きを伴うものだ!」

日本サッカー協会(JFA)は2018年4月9日、7日付でバヒド・ハリルホジッチ監督を解任したことを発表した。ドイツ誌「キッカー」は、この決断に「極めて驚き」とした上で「本田圭佑や香川真司を冷遇したことが結果以上の原因かもしれない」と報じている。同誌は、ロシア・ワールドカップ(W杯)まで

【悲報】ハリルホジッチの日本代表監督解任の理由はサッカー協会の忖度?「スポンサーから不満で解任は不可避と判断」

6月14日開幕のW杯ロシア大会に出場する日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が電撃解任される可能性が高まった。2018年4月9日の日本協会の常務理事会後に指揮官の去就に関する緊急記者会見が開かれる。W杯出場決定後の監督交代となれば、日本サッカー史上初となる。後任候補には西野朗技術委員長(63)らの

【悲報】絶妙なタイミングで岡田武史が監督の資格を返上!正式に引退する理由は「もう俺はやらないと決めたから」

サッカーW杯(ワールドカップ)で2度、日本代表を指揮した岡田武史氏(61)が「監督業」からの引退を決めていたことが2018年4月8日、分かった。日本代表、Jリーグの監督就任に不可欠な資格、日本協会(JFA)公認S級コーチライセンスを返上したことが判明。W杯は日本が初出場した98年フランス大会と16強入りした

【悲報】米メディアがハリルホジッチを批判!香川真司や岡崎慎司の選出が必要「監督がメンバー選考を分かっていない」

ロシア・ワールドカップの開幕までおよそ70日。日本代表がコロンビアと対峙するグループリーグ初戦は6月19日で、もう目と鼻の先である。先のベルギー遠征でマリと1-1で引き分け、ウクライナには1-2の敗北を喫したハリルジャパン。ポジティブに捉えられる要素はやはり少なく、本大会に向けて不安が募るばかりだが、そんな

【動画】C・ロナウドがユベントス戦で決めたオーバーヘッドに世界が称賛「衝撃的なゴールでレアルを救った!」

サッカーのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)は2018年4月3日(日本時間4日)、決勝トーナメント準々決勝第1戦でレアル・マドリード(スペイン)がユベントス(イタリア)に3-0で先勝。 話題を呼んだのが、2得点したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのオーバーヘッド弾だ。世界に驚愕を与えた

【悲報】韓国メディアが本田圭佑の実力を批判!低い評価の理由を説明「日本の攻撃スピードを低下させた」

日本代表は2018年3月27日、ウクライナ代表と国際親善試合を戦い、1-2で敗れた。“仮想ポーランド”と見立てた試合とあって、韓国国内でも注目の一戦だった。韓国メディアはマリ戦に続き、ウクライナ戦でも攻め手を欠いた日本の苦しい現状を報じている。一般紙「中央日報」は「日本代表はマリ戦のスタメンから8人を変えて