【動画】ボローニャの冨安健洋が移籍後初ゴール!ビジャレアル戦でヘディングで決めるもスペイン紙はオフサイドの疑惑を指摘!



ビジャレアル戦でボローニャの冨安健洋が移籍後初ゴールもスペイン紙はオフサイドを指摘!疑惑が残るもゴールは認められる!

2019年8月10日に行われたプレシーズンマッチでボローニャはリーガ・エスパニョーラのビジャレアルと対戦。試合結果は3-4で敗戦となったが、冨安健洋が移籍後初ゴールを決めている。

ベンチスタートとなった冨安健洋は1点をリードされて迎えた後半30分にピッチに投入されると、直後の後半36分にフリーキックからのボールにタイミングよく抜け出すと、ヘディングで合わせてゴール右隅に決めた。

ボローニャに加入後初のゴールを決めた冨安健洋に、クラブの公式ツイッターは試合後「タケヒロがボローニャでの初ゴールを記録した」とコメントしている。一方、スペイン紙のアスは「オフサイドに見えたが…」とゴールシーンに疑惑を指摘している。

ビジャレアル戦で冨安健洋が移籍後初ゴールを決めるシーン動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする