【動画】大迫勇也がポカール1回戦で先制点のゴール!デルメンホルスト戦のプレーに地元紙も最高評価「3トップの中央で奮闘」



DFBポカール1回戦で5部のデルメンホルストと対戦したブレーメンの大迫勇也が先制点のゴール!地元メディアも最高評価でプレー内容を称える!

2019年8月10日に行われたドイツのDFBポカール1回戦の5部デルメンホルスト戦でスタメン出場した大迫勇也がチームの先制点となるゴールを決めて、ブレーメンの圧勝に大きく貢献した。

前半10分、フリーキックからの流れの中で大迫勇也が右サイドからのクロスボールを滑りながら右足で合わせて先制ゴールを奪った。ブレーメンの地元紙『Kreiszeitung』は試合後の採点で大迫勇也にチーム最高点となる「2」を与え、寸表では「3トップ中央で奮闘、常にボールをもらえる状況だった。FWとして仕掛けるべく、下がってボールを取りに行くシーンもあった。開始早々に先制点をマーク。唯一のマイナスは、決められたはずの追加点を逃したこと。」とコメントしている。

デルメンホルスト戦でブレーメンの大迫勇也が先制ゴールを決めたシーン動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする