【動画】内田篤人の引退でザーゴ監督が涙のインタビュー!通訳も涙を堪えたコメント!

【2020年8月23日】鹿島アントラーズの内田篤人が引退するラストゲームでガンバ大阪の昌子源が試合後に抱き合い「まじ寂しいわ」と別れのコメント!内田と昌子のハグ泣きそうになったわ。内田と昌子の抱擁熱いなぁ。昌子「寂しいわ」内田「…。」最後内田選手に昌子選手が掛けた言葉が放送に入ってました。泣ける。
【2020年8月23日】ガンバ大阪戦で引退ラストマッチとなった鹿島アントラーズの内田篤人が満身創痍のプレー!後半の給水タイムにはテーピングを入念に巻き直して出場!飲水タイムの後、テーピングをさらにガチガチにしていた。限界だったのだろう。決して派手なことはしないが、培った経験・技術で判断した



内田篤人の引退ラストゲームとなったガンバ大阪戦で試合後のインタビューを受けた鹿島アントラーズのザーゴ監督が涙のコメント!

 気持ちを前面に出し、立ち上がりから攻勢に出た鹿島アントラーズだったが、開始6分にガンバ大阪の小野瀬康介に得点を許す。その後も攻め続ける展開となったが、元鹿島の昌子源をはじめとする相手守備陣を崩せない。終了目前のアディショナルタイム、荒木遼太郎からのクロスを犬飼智也がヘディングで決めて同点に追いつき、試合は劇的な幕切れとなった。

 試合後のフラッシュインタビューに応えた犬飼は「今日は勝ちたかったんでそれだけです。立ち上がりに失点して自分たちで苦しくしてしまった。そこだと思います」と絞り出すと、涙ながらにこう続ける。

「本当は勝ってお疲れと言いたかったです。本当にいっぱい学んだので、また成長した姿を見せたいと思います」とラストマッチとなった内田篤人への想いがあふれ出す。
 
 ザーゴ監督は、試合をこう振り返った。

「本当は勝ち試合だったのではと思います。チャンスをしっかりと決めていれば。特に前半の失点前のチャンスを決めていればとは思います。先制後は、ガンバが守備に徹したなか、最後に追いつくことができて、臨んだ結果ではなかったですけど、粘り強さは見せられた。良い意味での引き分けになったと思います」

 続けて内田の話に及ぶと、少し目を赤らめるザーゴ監督は、「彼が自分で出した決断なので、我々クラブ関係者はそれを尊重しなければいけない。私は付き合いが短いが、彼がどれだけクラブ、サポーターに愛されている人かは分かった」と語ると、ザーゴ監督の通訳が涙ぐみコメントに詰まる場面も。

「日本のサッカー、アントラーズのためにやり尽くした、その気持ちを我々がくみ取って、彼がこれから歩む人生に、多くの幸せがあることを願っています」と監督、通訳ともに涙ぐむなど、内田がいかに愛されていたのかを窺わせるインタビューとなった。


https://news.yahoo.co.jp/articles/a2bfb36c78977d217c98afb8f899a9656996c57e

ザーゴ監督の試合後インタビュー動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする