【動画】内田篤人が給水タイムにテーピングを巻き直す!引退のラストゲームで満身創痍のプレーを見せる!

【2020年8月23日】内田篤人の引退ラストゲームとなったガンバ大阪戦で試合後のインタビューを受けた鹿島アントラーズのザーゴ監督が涙のコメント!ザーゴ監督や通訳さん、犬飼選手の涙まじりのインタビューのあと、うっちーのコメント胸に迫るものがあった…本当にお疲れ様でした。
【2020年8月23日】鹿島アントラーズの内田篤人が引退するラストゲームでガンバ大阪の昌子源が試合後に抱き合い「まじ寂しいわ」と別れのコメント!内田と昌子のハグ泣きそうになったわ。内田と昌子の抱擁熱いなぁ。昌子「寂しいわ」内田「…。」最後内田選手に昌子選手が掛けた言葉が放送に入ってました。泣ける。



ガンバ大阪戦で引退ラストマッチとなった鹿島アントラーズの内田篤人が満身創痍のプレー!後半の給水タイムにはテーピングを入念に巻き直して出場!

 緊急出場となった内田だったがポーカーフェイスで積極的に攻撃にも参加。前半22分には高い位置でボールを受けドリブル突破を仕掛け一旦はボールを失うも、クリアしようとする倉田にタックルを敢行。ボールは奪えなかったが会場からは拍手が送られた。同38分には右サイドの高い位置まで攻め上がり、三竿からの大きな弧を描くロングボールを頭でペナルティーエリア中央に折り返し好機を演出。

 内田は前半39分、CKのチャンスからFW宇佐美にボールが渡ってしまいカウンターのピンチを察知。後方から激しくチャージしたためイエローカードを受けてしまったがカウンターの芽をつむことには成功した。前半アディショナルタイムには右サイドからクロスボールで好機を演出。中央のFWエヴェラウドにはわずかに合わなかったが会場は沸いた。

 内田は後半に入っても存在感を発揮。同10分、右サイド中央付近からDFラインの裏を狙ったクロスは相手DFにクリアされるも、こぼれ球を拾ったエヴェラウドがペナルティーエリア左から強烈なシュート。これはDF三浦の体を張ったブロックで防がれてしまった。

 同19分にはまたも内田が好機を演出。右サイド深い位置からダイレクトでクロスを送るもGK東口にキャッチされ得点ならず。給水タイムでは右足にテーピングをさらに入念に巻きつける場面も。それでも内田は同39分、絶妙な飛び出しで右サイドからDFラインの裏へ飛び出し、そのまま右足でクロス。だがこれも味方に合わず無得点。

 すると後半アディショナルタイムに待望の同点弾。右サイドから内田がクロスを入れると、こぼれ球を味方が繋ぎMF荒木が左サイドからクロス。このボールをDF犬飼が頭で押し込み土壇場でネットを揺らした。


https://news.yahoo.co.jp/articles/5b43b251f2f4add15a4275ab111301e6dc3cdfae

内田篤人が給水タイムでテーピングを巻き直すシーン動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする