【動画】フュルト戦で宇佐美貴史が豪快なボレーでゴール!デュッセルドルフの同点弾に高い評価「完璧で強烈!」



デュッセルドルフの宇佐美貴史がフュルト戦で今季3得点目のゴールを決める!

ドイツ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフのFW宇佐美貴史が2018年2月17日の第23節グロイター・フュルト戦で昨年9月以来、約5ヶ月ぶりとなるゴールを決めた。試合は1-1の引き分けに終わっている。

 宇佐美は0-1とビハインドの状況で迎えた後半15分から途中出場でピッチに立った。

 そして後半31分、右サイドからのアーリークロスをFWホーバル・ニールセンがダイレクトで落とすと、そこへ走り込んだのが宇佐美だった。左足のコントロールから、右足を素早く振り抜き強烈なシュートでGKのニアサイドを破った。

 ドイツ誌「キッカー」の試合速報は「完璧なトラップから低く強烈なシュートをゴール右隅に決めた」と宇佐美の卓越したボールコントロール技術を絶賛。また、ドイツ紙「ビルト」でも「(GKのサーシャ・)ブルヒャートはノーチャンスだった」として、宇佐美の完璧な一撃を称えられている。

 昨年9月23日に行われた第8節のサンクトパウリ戦(2-1)以来のゴール。15試合ぶりにゴールネットを揺らして、今季3得点目を記録した。

 この試合、1月にデュッセルドルフに加入した日本代表FW原口元気はメンバー外だった。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180217-00010025-soccermzw-socc

フュルトvs宇佐美貴史の豪快ボレーからの同点ゴール動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする