【動画】バルセロナ戦でエイバルの乾貴士がドリブルやカットインから積極的にシュートもゴールは奪えず!

2018年2月17日にリーガエスパニョーラ第24節が行われ、エイバルは本拠地イプルーアでバルセロナと対戦した。エイバルMF乾貴士は先発フル出場している。前々節エスパニョール戦、前節ヘタフェ戦と2試合連続ドローを演じたバルセロナ。だが近年イプルーアでは3戦3勝で、3試合ぶりの勝利を得るために
現地時間2018年2月17日に行われるリーガエスパニョーラ第24節のバルセロナ戦で、エイバルに所属する乾貴士が先発出場することになった。バルセロナは昨年5月、レアル・マドリーとの優勝争いを繰り広げる中でエイバル戦を迎えている。乾は試合開始して7分、左からのクロスにファーポストで合わせて先制点を
エイバルの乾貴士がインタビューを受けた後にバルセロナのアルバがインタビューに応じる! 乾の試合後インタビュー。...



エイバルの乾貴士がバルセロナ戦にフル出場で積極的にシュートを放つもゴールは奪えず!

 リーガ・エスパニョーラ第24節2日目が2018年2月17日に開催され、MF乾貴士が所属するエイバルがバルセロナをホームに迎え、0-2の完封負けを喫した。スターティングメンバーに名を連ねた乾は左サイドハーフの位置に入って、フル出場を果たしたが得点には絡めなかった。

 序盤からともに好機を作る中、前半6分にエイバルがカウンターを発動させてゴールに迫る。左サイドでボールを受けた乾がドリブルで運び、右アウトサイドで送った鮮やかなパスからFWファビアン・オレジャナがシュートチャンスを迎えるが、右足から放ったシュートは枠を捉えることはできなかった。

 その後もエイバルがゴールを脅かす場面を作り出すが、前半16分に試合を動かしたのはアウェーのバルセロナだった。FWリオネル・メッシのスルーパスから最終ライン裏に抜け出したFWルイス・スアレスが、距離を詰めたGKマルコ・ドミトロビッチまでかわしてゴールに流し込み、スコアを0-1とした。さらに同37分にはバルセロナが決定機を創出するが、L・スアレスがドミトロビッチを釣り出して送ったラストパスからメッシが左足で狙ったシュートはポストを叩いてしまった。

 0-1とバルセロナがリードしたまま後半を迎えると、同11分には右サイドを突破したオレジャナのグラウンダーのクロスに乾がフリーで走り込むが、右足で合わせたシュートはゴール右に外れた。すると同21分、オレジャナが2度目の警告を受けて退場となり、1点のビハインドを背負うエイバルが数的不利に陥った。

 何とか同点に追い付きたいエイバルは後半35分、左サイドでボールを受けた乾が中央に切れ込んでフィニッシュまで持ち込んだものの、右足から放ったシュートはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンの守備範囲に飛んでしまう。すると同43分、メッシのシュートのこぼれ球をDFジョルディ・アルバが右足で蹴り込み、バルセロナが0-2の完封勝利を収めた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-01650651-gekisaka-socc

バルセロナvs乾貴士がクロスに合わせたダイレクトシュート動画

バルセロナvs乾貴士カットインからシュート動画

バルセロナvs乾貴士がシュートもピケにブロックされる動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする