【動画】グアダラハラ戦の本田圭佑のFKが惜しすぎる!パチューカのチーム状態には「正直、良くない」



パチューカの本田圭佑がグアダラハラ戦で惜しいフリーキックも得点は奪えずドローで勝ち点「1」!

 パチューカに所属するFW本田圭佑が、2018年2月17日に行われたリーガMX後期第8節のグアダラハラ戦を、有料メルマガコンテンツ『CHANGE THE WORLD by KSK』で振り返った。

 本田は右FWのポジションで先発出場。後半立ち上がりには直接FKで相手ゴールを脅かしたが、惜しくも得点とはならず。試合は1-1の引き分けに終わり、パチューカは3連勝とはならなかった。中3日で連戦が続く中、順調に勝ち点を積み上げているパチューカだが、本田曰く「正直、チームの状態は良くない」という。

「サッカーっておもしろくて、チームの状態が良かったときの方が勝ち点を全然取れなくて。チーム状態が良くないときの方が、意外に勝ち点を取れることがある」と持論を展開すると、続けて「で、今日は妥当ですよね。今日の勝ち点1はむしろ喜ばんとダメやと思う」と敵地での1ポイントを前向きに捉えた。

 プロ13年目の本田は現在31歳。「メンタル的には人生で疲れたことがない」と豪語するが、過密日程に伴う疲労について問われると、過去の負傷を振り返りながら「ありえへん、考えられへんケガをするようにはなっている」という。「メンタルは行けていても、体は行けてないよって、ところに気を遣っていかないといけないな、というのは歳を重ねて感じている部分です」と心理面での変化を明かした。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00717144-soccerk-socc

グアダラハラvs本田圭佑フリーキック動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする