【動画】あわや乱闘!ライプツィヒ戦で長谷部誠がケイタにアフターで削られて激怒!納得いかず審判にも抗議

今季初のブンデスリーガ月曜開催となった2018年2月19日の第23節フランクフルトVSライプツィヒで、月曜開催に反対するサポーターが抗議活動を行った。今シーズンより、ブンデスリーガ1部は試合開催日時を変更し、月曜20時30分(日本時間28時30分)にシーズン各5試合ずつを開催する



フランクフルトの長谷部誠がライプツィヒのケイタのプレーに激怒!

 ブンデスリーガは2018年2月19日、第23節3日目を行い、日本代表MF長谷部誠とFW鎌田大地が所属するフランクフルトはホームでライプツィヒと対戦し、2-1で逆転勝利をおさめた。長谷部はボランチの一角に入り、6戦連続のフル出場。鎌田はメンバー外だった。

 鮮やかな連携から先手を取ったのはライプツィヒだった。前半13分、ボール奪取からパスをつないで右サイドを崩すと、MFマルツェル・ザビッツァーのパスを受けたMFコンラッド・ライマーがMFディエゴ・デンメとワンツーの形でPA内に進入。ライマーのラストパスをFWジャン・ケビン・オギュスタンが右足ダイレクトでゴール左下隅に突き刺した。

 1点ビハインドとなったフランクフルトも押し返し、前半22分、右CKからヘッドでつないだボールをDFティモシー・チャンドラーが押し込み、試合を振り出しに戻した。さらに4分後の前半26分、相手のクリアミスから、最終ラインの裏を取ったFWアンテ・レビッチが左サイドを縦に仕掛け、PA内左のゴールライン際から鋭いクロス。MFケビン・プリンス・ボアテングが左足で合わせ、GKの股間を抜く技ありボレーをねじ込んだ。

 2-1と前半のうちに逆転に成功したフランクフルト。しかし、前半ラストプレーで長谷部にアクシデント。ボールを蹴り出したあとにMFナビ・ケイタに後ろから倒され、長谷部が激昂。両選手がつかみ合う乱闘騒ぎとなり、長谷場は納得のいかない表情で審判に抗議したが、ケイタにカードは提示されなかった。

 後半キックオフ前にはブンデスリーグの月曜開催に抗議活動をするサポーターがブーイングとともに多くの紙テープとテニスボールをピッチに投げ込み、開始が遅れる事態に。後半2分にはオギュスタンのボールを奪いにいったプレーで長谷部が警告を受ける。試合は荒れ、90分間を通して計8枚のカードが提示された。

 後半はスコアが動かず、そのまま逃げ切ったフランクフルトが2-1で逆転勝利をおさめ、今季3度目の2連勝。上位対決を制して勝ち点を39に伸ばし、6位から3位に浮上した。ライプツィヒは4位から5位に順位を下げた。


https://web.gekisaka.jp/news/detail/?238136-238136-fl

ライプツィヒvsフランクフルトで長谷部誠がケイタに激怒する動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする