【動画】ヘタフェ戦で柴崎岳を抜いたマルセロのドリブルが凄い!足裏のダブルタッチとヒールパスでチャンス演出!



レアル・マドリーのマルセロがドリブルで柴崎岳の間を抜くダブルタッチからビッグチャンスを演出!

 リーガ・エスパニョーラ第27節2日目が2018年3月3日に開催され、MF柴崎岳が所属するヘタフェがレアル・マドリーと対戦。前半24分にMFガレス・ベイルの得点で先制したレアルが、同アディショナルタイムにFWクリスティアーノ・ロナウドの得点で加点。後半20分にヘタフェが1点を返すも、同33分にC・ロナウドが自身2点目を奪い、レアルが3-1の勝利を収めた。ベンチスタートとなった柴崎は後半14分に途中出場したが、得点には絡めなかった。

 前半24分に試合を動かしたのはホームのレアルだった。右サイドからFWカリム・ベンゼマが送ったクロスのこぼれ球に反応したベイルが左足で蹴り込み、スコアを1-0とした。さらに同アディショナルタイムにはベンゼマの鋭い縦パスをPA内で受けたC・ロナウドが細かいタッチでコースを生み出すと、左足シュートを突き刺してリードを2点差に広げた。

 1-0とレアルがリードしたまま後半を迎えると、同2分にMFロイク・レミーが2度目の警告を受けて退場し、2点のビハインドを背負うヘタフェが数的不利に陥ってしまう。するとヘタフェベンチが動き、同11分にFWアンヘル・ロドリゲスに代えてFWホルヘ・モリーナ、同14分にMFセルヒオ・モラに代わって柴崎がピッチへと送り込まれた。

 すると後半19分、ドリブルで運んだJ・モリーナがPA内でDFナチョ・フェルナンデスのファウルを誘ってヘタフェがPKを獲得すると、キッカーを務めたMFフランシスコ・ポルティージョがゴール中央に蹴り込んで1点差に詰め寄った。プレーが途切れた際にレアルはDFテオ・エルナンデスに代えて、負傷から復帰したDFマルセロを投入している。

 後半24分にはレアルが追加点のチャンスを迎えるが、DFダニエル・カルバハルのクロスからC・ロナウドが至近距離で合わせたシュートは、好反応を見せたGKエミリアーノ・マルティネスにストップされてしまう。しかし同33分、マルセロのクロスをC・ロナウドがヘディングで鮮やかに合わせてネットを揺らし、レアルが再びリードを2点差に広げた。

 得点直後に選手交代が行われ、C・ロナウドとMFマルコス・ジョレンテに代わって、MFマルコ・アセンシオとMFマテオ・コバチッチが投入される。その後も数的優位に立つレアルが攻勢を掛けるが後半アディショナルタイムのベイルのシュートがポストをかすめるなど追加点は生まれず。3-1のまま試合終了を迎えた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-01651111-gekisaka-socc

ヘタフェvsマルセロのドリブル突破動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする