【動画】ザンクトパウリ戦で宇佐美貴史のゴールとアシストにデュッセルドルフも高い評価「素晴らしかった」

現地時間2018年3月4日に行われたオランダ1部リーグ第26節でフローニンゲンは敵地でトゥエンテと対戦し、1-1の引き分けで試合を終えた。MF堂安律はフル出場で1ゴールを記録している。8試合連続先発となった堂安は、57分に均衡を破った。ペナルティエリア手前で味方がボールを失うと、近くにいた堂安が
ブンデスリーガは2018年3月4日、第25節3日目を行い、FW大迫勇也が所属するケルンはホームでシュツットガルトと対戦し、2-3で逆転負けを喫した。3試合連続で先発した大迫はシャドーの一角でフル出場し、先制点をアシストした。浅野はベンチ外だった。ケルンが幸先良く先制に成功した。前半7分、相手ボールを



デュッセルドルフの宇佐美貴史がザンクトパウリ戦で1ゴール1アシストの活躍!3試合連発でチームの勝利に大きく貢献!

 現地時間2018年3月4日に行われたブンデスリーガ2部第25節でデュッセルドルフはザンクト・パウリをホームに迎え、2-1の勝利を収めた。デュッセルドルフに所属する原口元気と宇佐美貴史は、初めてそろって先発出場。宇佐美は終盤までプレーし1ゴール1アシストを記録、原口は61分に交代した。

 試合後、地元メディア『ライニッシェポスト』は選手の採点及び寸評を行い両選手に高評価を与えている。

 3試合連続ゴールを決めた宇佐美はチーム最高タイ評価となる「2」を受け「右サイドでプレーした彼はサイドバックとのコンビネーションが良かった。攻撃だけでなく守備面でも右サイドで貢献した。74分の2点目ゴールは見ごたえのある得点だった」と寸評している。

 一方、4試合ぶりの出場となった原口を同メディアは「ザントハウゼン戦での脳しんとう後最初の試合となったこの日本人は先発に復帰した。ピッチで生き生きとプレーしていた。スピードとドリブルは健在だった」と評価し「3」を与えた。

 独紙『ベストドイチェツァイトゥング』でも宇佐美に対し「2」と高評価を与え「チームに先制点をもたらしその後も多くの攻撃の場面に参加していた。チーム2点目のゴールはただただ素晴らしかった」と寸評している。

 また同紙は原口を「運動量が豊富でボールキープに優れていた。チームメイトとの呼吸が合わない部分があったが1部ブンデスリーガの経験はチームを大いに助けた」と評価し「3」を与えた。(ドイツの採点は「6」が最低で11段階に評価される)


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180305-00259154-footballc-socc

ザンクトパウリvs宇佐美貴史アシスト動画

ザンクトパウリvs宇佐美貴史ゴール動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする