【動画】バルザーリが故意でソンフンミンの足を踏む?トッテナム戦でのラフプレーに「彼は退場すべきだった」

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグが2018年3月7日に行われ、トッテナムとユヴェントスが対戦した。ファーストレグは2-2の引き分けで終えていた両者。聖地「ウェンブリー・スタジアム」での一戦に、ユヴェントスがマンジュキッチを欠いたものの、互いにほぼベストメンバーで臨んだ。立ち



トッテナム戦でユベントスのバルザーリが故意でソンフンミンの足を踏む!?

 現地時間2018年3月7日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの試合が行われ、トッテナムはユベントスと対戦し1-2の逆転負けを喫した。この試合中にユベントスに所属するアンドレア・バルツァッリがレッドカードに値する問題行動を起こしていたと、『サン』など複数の英紙が報じている。

 問題のシーンは33分、バルツァッリが競り合った際に倒れたソン・フンミンの足を踏みつけていた。さらに離れる際にも故意に蹴っているようにも見えることから、英紙が写真付きで「ソン・フンミンを踏みつけている」と報じている。英メディア『sportsjoe』は「レッドカードを提示されなかったことを喜ぶべき」と伝えている。

 また、ツイッター上でも「バルツァッリは卑劣なやつだ。故意にソン・フンミンの足を踏んでいる」や「彼は退場すべきだった」といった声。「バルツァッリは3回もソン・フンミンを襲ったがレフェリーは何もしなかった」といったつぶやきが投稿されている。この試合でトッテナムには3枚、ユベントスには4枚のイエローカードが提示されていた。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180308-00259702-footballc-socc

バルザーリがソンフンミンの足を踏みつける動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする