【動画】ミラン戦でPKは誤審?ウェルベックのダイブにガットゥーゾも主審に激怒!アーセナルがベスト8進出!



アーセナルのウェルベックがPK獲得もミランのガットゥーゾは判定に激怒!

 ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦(ラウンド16)セカンドレグが2018年3月15日に行われ、アーセナル(イングランド)がホームにミラン(イタリア)を迎えた。

 ファーストレグは敵地でアウェイゴール2点を奪い快勝したアーセナル。セカンドレグではメスト・エジルやヘンリク・ムヒタリアンらが先発メンバーに名を連ねた。一方、逆転を狙うミランはレオナルド・ボヌッチやリッカルド・モントリーヴォらがスタメンに選ばれている。

 試合は35分に動く。エリア手前でボールを持ったハカン・チャルハノールが豪快な一撃を放つと、シュートはゴール右隅に突き刺さり、ミランが先手を奪う展開に。

 追いかけるアーセナルもすぐさま反撃に出る。39分、ムヒタリアンのスルーパスに抜け出したダニー・ウェルベックが倒され、PKを獲得する。このPKを倒された本人であるウェルベックが落ち着いて決め、試合は振り出しに。

 1-1のスコアで折り返した後半、試合を再び動かしたのはアーセナルだった。71分、グラニト・ジャカがボールを持つと、迷うことなく左足を振り抜く。強烈なミドルシュートはGKジャンルイジ・ドンナルンマの手に当たってゴールイン。アーセナルが逆転に成功した。

 試合終了間際の86分、アーセナルが試合を決定づける。左サイドでボールを持ち上がったジャック・ウィルシャーがクロスを上げると、アーロン・ラムジーがヘディングシュート。このボールは相手GKドンナルンマに防がれるも、こぼれ球をウェルベックが押し込み、アーセナルがダメ押し点となる3点目を奪った。

 試合はこのまま3-1で終了。優勝候補同士の一戦はアーセナルに軍配が上がり、準々決勝進出を決めた。なお、準々決勝の組み合わせ抽選会は16日に予定されており、第1戦は4月5日に、第2戦は12日に行われる。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00729401-soccerk-socc

ガットゥーゾが主審に激怒している動画

ウェルベックがPKを獲得したシーン動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする