【動画】長崎戦でチャナティップがゴールとアシスト以外にも浮き玉ターンからのドリブルなどテクニックで魅せる!



コンサドーレ札幌のチャナティップがゴールとアシスト以外にもキレキレなプレーを披露!

 J1北海道コンサドーレ札幌は2018年3月18日、本拠地札幌ドームでリーグ第4節のV・ファーレン長崎戦に臨み、終盤に「タイのメッシ」ことタイ代表MFチャナティップの劇的ゴールで2-1と勝利。ミハイロ・ペトロヴィッチ体制で初白星を手にしたなか、後半アディショナルタイムの“身長32センチ差弾”が反響を呼んでいる。

 試合は白熱の攻防となった。後半8分、チャナティップのスルーパスから元イングランド代表FWジェイが抜け出してシュートを流し込み、札幌が先制に成功する。だが同37分、長崎MF翁長聖に同点弾を叩き込まれて1-1。引き分けの雰囲気が漂ったなか、アディショナルタイム4分にジェイとチャナティップの助っ人コンビが輝きを放つ。

 ハーフウェーライン付近でFKを獲得した札幌は、前線にロングフィードを供給。長崎のエリア内で190センチの長身ジェイが競り勝って頭で落とすと、こぼれ球に反応した158センチのチャナティップが頭で合わせて決勝弾を叩き込んだ。劇的な一撃にチームメートが駆け寄り、タイ代表MFに覆いかぶさるように喜びを共有した。

 札幌が“身長32センチ差弾”で勝ち越すと、試合はその1分後に終了。今季ここまで1分2敗の札幌だったが、2分1敗の長崎との“未勝利対決”を制し、ペトロヴィッチ体制下で今季初勝利を手にした。

 DAZN公式ツイッターではチャナティップの決勝ゴール動画を公開。さらに札幌の公式ツイッターも速報で伝えると、返信欄では「よく勝ってくれた! チャナティップサイコーーーー」「凄い」「神」など称賛のコメントが並んだ。1ゴール1アシストで全得点に絡んだチャナティップの活躍にファンも喜びを露わにした。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180318-00010017-soccermzw-socc

V・ファーレン長崎vsチャナティップのプレー集動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする