【動画】報ステが中島翔哉に密着!ポルティモネンセの活躍に「ボールを持った時にドリブルとゴールの道筋を決める」



日本代表初選出の中島翔哉を報道ステーションが密着!

「本当に初めましてだった」という代表初招集の中島にポジティブな印象
 日本代表FW原口元気は、今冬にドイツ1部ヘルタ・ベルリンからFW宇佐美貴史が在籍する同2部デュッセルドルフへ移籍し、好調を実感しているという。そんな男がポジションを争うライバルについて言及。「変化をつけられる」「クオリティーがある」と絶賛している。

 原口にとって移籍が一つの転機となったようだ。「11月の時のプレーは自分でも好きじゃなかった」とヘルタ在籍時代を振り返りつつ、「デュッセルドルフでやったここ5、6試合というのがすごく自信になっていて、感覚は良くなっている」と確かな手応えを感じている。

 そんな原口にインパクトを与えた代表戦士がいた。「本当に初めましてだった」という相手は、代表初招集となったポルティモネンセの23歳FW中島翔哉だ。中島はポルトガル1部リーグで23試合に出場し、9得点7アシストと圧巻のパフォーマンスを披露。マンチェスター・ユナイテッドやアトレチコ・マドリード、ドルトムントなど各国ビッグクラブも注目するほどの存在感を放っている。

 今回のベルギー遠征で中島に対面したという原口は、「こっちも見ていて新鮮」とポジティブな印象を受けたようだ。もっとも代表では、ポジションを争うライバルとなる。日本代表の左ウイングは、今遠征で招集された原口、宇佐美、中島に加え、未招集のFW乾貴士(エイバル)やFW武藤嘉紀(マインツ)などライバルがひしめく。

中島のクオリティーは「練習を見ていても分かる」
 バヒド・ハリルホジッチ監督はメンバー発表会見で左ウイングとして原口、宇佐美、中島に言及。デュッセルドルフ・コンビの好調ぶりを称えつつ、中島については「ドリブラーでこれだけ俊敏で爆発的なものがある選手は、日本にはなかなかいない」と絶賛していた。

 原口の目にも中島のプレーは際立って映っているようだ。「攻撃の部分で変化をつけられる選手というのは練習を見ていても分かります」と語っており、トレーニングを通じて質の高さを感じている。

 ハリル監督だけでなく、原口も認める中島はベルギー遠征の2試合でどのようなプレーを披露するのか。原口や宇佐美との熾烈なポジション争いも含めて、その動向が注目される。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180323-00010012-soccermzw-socc

中島翔哉の特集!報道ステーション動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする