【動画】マリ戦で森岡亮太がタッチライン際で華麗なドリブル!パスは通らずもテクニックで”らしさ”を魅せる!



日本代表の森岡亮太がマリ戦で”ぬるぬる”ドリブルで魅せる!タッチライン際で足裏を使って突破!

 日本代表は2018年3月23日にベルギーで“仮想セネガル”としてマリ代表と国際親善試合を行い、前半終了間際にPKで先制点を与えたが、後半終了間際にFW中島翔哉の代表デビュー戦での初ゴールで1-1の引き分けに持ち込んだ。

 バヒド・ハリルホジッチ監督は、負傷者が続出している右サイドバックにDF宇賀神友弥を起用した。1988年3月23日生まれの宇賀神は、30歳の誕生日に代表デビューとなった。また、GKには中村航輔を起用し、中盤では主将のMF長谷部誠を軸にMF森岡亮太とMF大島僚太を起用。また、左サイドアタッカーにはFW宇佐美貴史が名を連ねた。

 前半の立ち上がり、日本は高いラインを作りながらギャップが多いマリの最終ラインの穴を突き、背後のスペースでチャンスを作りながら決定機にまでは持ち込まなかった。逆に同9分、中盤のボールロストからショートカウンターを受けて抜け出されたが、GK中村航輔が1対1をセーブして事なきを得た。直後、日本も変わらず不安定なバックラインの裏を突きFW宇佐美貴史のパスにFW久保裕也が抜け出してシュートを放ったが、わずかに枠を外れた。

 徐々に試合が落ち着いていくなかで、同23分には、右サイドの宇賀神から久保、森岡とつなぎ、ショートパスから大島がミドルを狙ったが相手GKがファインセーブ。直後のコーナーキックもゴール前をボールが横切りながら、押し込むことができず。

 そうしたなかで同34分、大島が足を痛めてプレー続行不可能になるアクシデント。筋肉系のトラブルと見られるアクションで、MF山口蛍との交代になった。前半も残り5分を切ったところで、ペナルティーエリア内を横切るこぼれ球に宇賀神がクリアしようと足を振ったが、ギリギリのところで先に相手がボールに触れ、宇賀神の足が相手にヒット。これがPKの判定となり、MFディアビがゴール右に決めて同44分に先制点を許した。日本は0-1のビハインドでハーフタイムを迎えた。

 ハリル監督は後半のスタートから宇賀神に代えてDF酒井高徳を投入。戦況の変化が見られない同15分には、宇佐美と長谷部に代えてポルトガル移籍でブレークして代表デビュー戦となるFW中島翔哉と、海外組も含めたチームでは初出場となるMF三竿健斗をピッチに送り込んだ。さらに5分後には森岡に代えてFW小林悠を投入。同25分には最後の交代枠を使い、久保に代えてFW本田圭佑を投入しゲームを動かしにかかった。

 日本は選手交代を繰り返すなかで流れるようにパスがつながる場面は減少していった。一方で、マリに決定機を作られることもなく膠着したまま時間が流れた。そうしたなかで、試合終了間際に中島を起点とした攻撃から、相手GKが前に出て弾いたボールを三竿がゴール前に上げると、無人のゴールに中島が押し込んだ。デビュー戦の初ゴールで1-1に追いついた日本は、辛くも引き分けを手にした。

 ハリルジャパンはこのゲームを、ワールドカップ本大会で対戦するセネガル戦を想定したものとして組んだが、本大会への出場権を逃して若手に切り替えているマリから勝利できず。最終ラインの統率具合や攻撃の連動性でセネガルに劣ることが確実な相手だったが、個々の身体能力やボール際の強さで劣勢になる場面が目についた。明らかな課題が残るゲームになったが、3カ月後の本番でセネガルを相手にこの日の経験を生かした試合運びを見せ、勝ち点獲得につなげることができるだろうか。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180323-00010028-soccermzw-socc&p=1

森岡亮太がタッチライン際で魅せたドリブル動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする