【動画】フローニンゲンが堂安律のオランダでの生活などを特集「しゃぶしゃぶって知ってます?」



堂安律のオランダでの生活などを紹介するフローニンゲン公式!

オランダ1部フローニンゲンのMF堂安律は2017年12月24日のリーグ第18節スパルタ・ロッテルダム戦で後半32分から途中出場し、試合終了間際に今季3得点目を決めて4-0快勝に貢献した。2戦ぶりの出番となった日本人アタッカーは、チームに4試合ぶりの白星をもたらしたなか、クラブの公式YouTubeチャンネルが動画で堂安を特集。現在の胸中やオランダでの食生活について掘り下げ、自宅で料理する様子も公開している。

クリスマス・イブに行われたゲームで19歳の日本人レフティーは、後半途中から出場。3-0とリードしたなかで迎えた後半45分、右サイドでドリブルを開始すると、DF二人の間を突破して右サイドへ展開。そのままゴール前に走り込み、味方のシュートがこぼれたところを蹴り込んだ。

堂安にとっては2日のADOデン・ハーグ戦(3-0)戦以来4試合ぶりの得点となり、その存在感を見せつけた。

そんな堂安に密着する動画をクラブが25日にアップ。現状について問われると、「最初は不安もありましたけど、チームメイトがすごく助けてくれた。フローニンゲンの方々の温かさも感じながら、すごい良い5か月になっています」と徐々に適応している様子を窺わせる。特に直近2カ月間は確かな手応えを感じているようだ。

「最初の4、5試合は満足のいく試合の出場時間ではなかったのでよくなかった。ここ7、8試合ですごく自分の良さが出せているので充実している。内容は良くなっているので、あとは得点、数字に表れる結果を残したい」

また、ピッチ外でのプライベートについても言及。普段の様子を率直に明かしている。

「あまり家にこもりたくないタイプなので、何かしらで外に出たりする。ヨーロッパは車で1、2時間走らせれば違う国にすぐ行ける。ドイツにはたくさんの友達がいるので会いに行ったりしています」

動画では食材を買って回る堂安に密着し、自宅の様子も公開。「まずはだしを作って…」と料理の手順を説明しながら、「デュッセルドルフによく行くので、日本食を売っている所に買いに行きます」と説明を加えている。MF宇佐美貴史が在籍するドイツ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフのホームタウンに足しげく通っているという。

そうして食生活について語ると、「しゃぶしゃぶって知ってます?」と取材者に問いかけながら、美味しそうに食事する様子が収められている。

「この半年間で家族や友達の大切さを改めて思い知ったので、会いに行って感謝の気持ちを伝えたい」

“ガンバ大阪の至宝”と称された逸材は、今年6月にオランダへと活躍の場を移し、選手としても一人の人間としても、着実に成長を遂げているようだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171226-00010013-soccermzw-socc

フローニンゲン堂安律の特集動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする