【動画】ユベントス戦でC・ロナウドがオーバーヘッドでゴール!ジダンが称賛も「私の方が素晴らしかった(笑)」

現地時間2018年4月3日にチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグの試合が行われ、レアル・マドリーはユベントスと対戦し3-0の勝利をおさめている。この試合でマドリーに所属するクリスティアーノ・ロナウドが華麗なオーバーヘッドを披露した。同選手に注目が集まっているが、同クラブに所属するイスコもまた、凄い
UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝第1戦が2018年4月3日に開催され、3連覇を狙うレアル・マドリー(スペイン)は敵地でユベントス(イタリア)と対戦し、3-0で勝利した。第2戦は11日にレアルの本拠地サンチャゴ・ベルナベウで行われる。昨季ファイナルからちょうど10か月で迎えた再戦。



レアル・マドリーのクリスティアーノ・ロナウドがユベントス戦で素晴らしいオーバーヘッドからゴールを決める!

2018年4月3日のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグ、レアル・マドリーは敵地ユヴェントス・スタジアムでのユヴェントス戦で3-0の快勝を収めた。ジネディーヌ・ジダン監督は、ユヴェントスのホームで「強烈」な結果を手にできたと喜びを表している。

スペイン『マルカ』と『アス』がフランス人指揮官のコメントを伝えている。

「ユーヴェが力強い時間帯もあった。私たちを困難に陥れたが、しかし我慢することができた。0-3は、おそらく強烈な結果ではあるが、私たちはこうした形で勝つための試合を演じた。満足しているし、全員がそう感じるべき試合だ。ユーヴェのピッチで0-3で勝つなど、そう何度もあることではない」

この試合では、FWクリスティアーノ・ロナウドがオーバーヘッドキックによってゴールを記録。ジダン監督はゴールが決まった瞬間、片手を頭に置いて、深いため息をつくなど驚嘆した様子だった。

「私もみんなと一緒だ。監督ではあるが、フットボールのファンなんだよ。あれは自然に出たリアクションだった。彼が成し遂げたことに満足している。ほかとは異なる選手で、ああしたことをやってのけてしまうんだ。私たちは、彼という選手を擁していることを喜ばなければならない」

また、自身が2001-2002シーズンのCL決勝レヴァークーゼン戦で決めたボレーシュートと、C・ロナウドのオーバーヘッドキックのどちらが素晴らしかったとの問いには、冗談めかしてこう返した。

「C・ロナウドのゴールには脱帽だよ。私がグラスゴーで決めたゴールとの比較? まあ比較はできるが、私のゴールの方が素晴らしかったさ(笑)。しかし、彼のものが最新のゴラッソだ。史上最高のゴールの一つと言えるかもしれないが、しかし私のゴールほどじゃないね(笑)」

「彼のゴールに嫉妬を感じるか? 満足すべきゴールだが、確かに、何か嫉妬は感じるね……。しかし満足しているよ」


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000043-goal-socc

ユベントスvsクリスティアーノ・ロナウドのオーバーヘッド動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする