【動画】レアルソシエダ戦でゴールのメッシが新たな金字塔!366得点で欧州5大リーグ最多得点記録を更新



バルセロナのメッシがレアルソシエダ戦で366ゴール目!欧州5大リーグ最多得点記録を更新!

バルセロナFWリオネル・メッシが、新たな記録を打ち立てている。

2018年1月14日に行われたリーガ・エスパニョーラ第19節で、レアル・ソシエダと対戦したバルセロナ。敵地「アノエタ」で2点を先行される苦しい展開となったが、ルイス・スアレスの2ゴールなどで逆転。最後は85分にメッシがダメ押しの4点目を決め、4-2で逆転勝利を飾った。

この試合でFKからゴールを奪ったメッシは、これがバルセロナでのリーグ通算366ゴール目。1964年から1979年に元ドイツ代表FWゲルト・ミュラー氏が達成した同一クラブでの365得点(427試合)を抜き、欧州5大リーグ最多得点記録を更新した。先週の試合でリーガ400試合出場を達成した下部組織出身のスーパースターは、401試合目にして新たな金字塔を打ち立てている。

今季のメッシは、リーグ戦で16ゴール8アシストを記録。30歳となった今でもその輝きを失わず、未だ無敗で首位を走るバルセロナを牽引している。

逆転勝利で勝ち点を51に伸ばしたバルセロナは、2位アトレティコ・マドリーと9ポイント差を維持。同節で敗れたレアル・マドリーとの勝ち点差を19にまで広げている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000041-goal-socc

レアルソシエダvsメッシFKゴール動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする