【動画】長谷部誠と原口元気がハリルホジッチの解任にコメント!ZIPがドイツで直撃「大きな責任を感じます」



フランクフルトの長谷部誠とデュッセルドルフの原口元気がハリルホジッチの監督解任についてコメント!

 フランクフルトの日本代表MF長谷部誠が2018年4月9日の練習後、バヒド・ハリルホジッチ監督の解任について報道陣の取材に応じた。「なかなか言葉を選ぶのは難しいけど、選手として責任を感じている」。そう口を開くと、「まず第一にハリルさんにはW杯出場を決めてもらったし、いろんな意味で感謝しなきゃいけない部分がある」と感謝の言葉を述べた。

 9日に記者会見した日本サッカー協会の田嶋幸三会長は解任の理由として「選手とのコミュニケーションや信頼関係が多少薄れてきた」ことを挙げた。日本代表のキャプテンとして指揮官とチームメイトの橋渡し役も務めてきた長谷部は「ハリルさんにキャプテンを任せていただいて、これまでやってきた中で、僕は選手の責任が一番重いんじゃないかなと思っている」と指摘。そのうえで「選手の責任が重い中で、自分がハリルさんにキャプテンを任せていただいて、選手の中でも自分の責任が重いと感じている」と自らを責めた。

 3月のベルギー遠征ではハリルホジッチ監督に対する選手の不満が噴出。その発言がメディアをにぎわせ、指揮官が記者会見で「問題があれば内部で解決するものだ。外部に対する発言はあまり良くない」と不快感を示すまでになった。「コミュニケーションに関しては、いろんな部分で監督とは試行錯誤してきて、本音でいろいろ話し合ってきた。その中でこういう結果になったのは大きな責任を感じている」。長谷部は自責の念に駆られたように繰り返した。

 ベルギー遠征後に一気に事態が動いたのかという質問には「いや、そういうことでもないと思う」と否定。「その部分はあんまり話せないというか、話さなくていいことはあると思うので。『なんでこのタイミングなんだ』と思われると思うし、応援されている方もみなさんそうだと思うけど、僕はいろんな部分を見ているので、そこで考えると選手の責任は重いなと感じる」と言葉を濁した。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-01652510-gekisaka-socc

ZIPでコメントする長谷部誠と原口元気の動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする