【動画】リバプール戦でサネがゴールも誤審で取り消し!審判はオフサイドの判定でマンチェスターシティの得点を認めず!



リヴァプール戦でマンチェスター・シティのサネがゴールを奪うも副審がオフサイドと判断しノーゴール判定!

 現地時間2018年4月10日にチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグの試合が行われ、マンチェスター・シティはリバプールと対戦し1-2の敗戦を喫した。この結果、2戦合計1-5でベスト8敗退となっている。ただ、この試合で不可解な判定があったと10日にスペイン紙『マルカ』は指摘した。

 試合開始して2分にガブリエル・ジェズスが先制点を決めると、42分にはレロイ・サネが追加点。したかに思われたが、オフサイドの判定によりチーム2点目はノーゴールとなっている。

 同紙は「マテュー・ラホス主審はシティの正当なゴールを取り消した。ハーフタイム前にシティは2-0としている可能性があった」と報じて、誤審であると指摘。続けて「サネのゴールはオフサイドと判断されたが、リバプールのジェームズ・ミルナーが触っていたとすれば、正しい判断を下されていなかったことになる」と伝えた。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180411-00264906-footballc-socc

リヴァプールvsサネがゴールも誤審で取り消しとなるシーン動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする