【悲報】ウェストハムのモイーズが香川真司を獲得か?移籍金は約18億円もマンU時代の教え子との再会を希望!



ウェストハムが今夏の移籍市場でドルトムントから香川真司を獲得か?モイーズが18億円準備で狙う!

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司(29)にプレミアリーグ復帰の噂が加熱している。

 イギリス『ミラー』が報じたところによれば、かつてマンチェスター・ユナイテッドを指揮したデイビッド・モイーズ現ウェストハム監督が来夏の移籍市場で元教え子である香川との再会を希望。獲得資金として1200万ポンド(約18億2000万円)を支払う用意があるという。

 香川は2012年夏、アレックス・ファーガソン元監督のラブコールを受け、ドルトムントからユナイテッドに加入。だが、翌シーズンからファーガソン氏の後を継いだモイーズ監督から重宝さず、ルイス・ファン・ハール体制発足の2014年夏にドルトムント復帰を決断した。

 この移籍が実現した場合、香川にとって、苦い思い出が残る指揮官との再共演になる。日本が誇るプレーメーカーの決断はいかに…。


http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=309910

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする