【動画】ACLの蔚山戦で斎藤学がドリブル突破から鈴木雄斗のゴールを演出!開始2分で川崎フロンターレが先制する!



川崎フロンターレの斎藤学がドリブル突破からのシュートでラルフの移籍後初ゴールを演出!

 ACLグループステージ最終節の川崎対蔚山が2018年4月18日、等々力陸上競技場で19時にキックオフされた。
 
 すでにグループステージ敗退が決まってる川崎は、今季加入の齋藤学や鈴木雄斗らをスタメンで起用。開始2分にこのふたりが早速期待に応えた。
 
 味方とのワンツーでバイタルエリアに侵入した齋藤は、得意のドリブルでDFをかわしてエリア内に持ち込み、左足でシュートを放つ。これはGKのセーブにあったが、こぼれ球に反応した鈴木がダイレクトボレーで右隅に突き刺した。
 
 齋藤は25分にもドリブル突破から決定機を演出するなど、溌溂としたプレーを披露。川崎はさらに43分に長谷川竜也が追加点を奪い、2-0で前半を折り返している。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180418-00039040-sdigestw-socc

斎藤学のドリブルシュートからラルフのゴール動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする