【動画】ヘルタ戦で長谷部誠がレッドカードで退場!ゼルケの顔面に肘打ち!フランクフルトは3失点で敗戦!



フランクフルトの長谷部誠がヘルタ・ベルリンでゼルケの顔面に肘打ち!一発レッドで退場処分!

 現地時間2018年4月21日にブンデスリーガ第31節の試合が行われ、フランクフルトはホームにヘルタ・ベルリンを迎えて対戦。

 フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠は先発出場を果たした。試合開始して57分、長谷部がペナルティーエリア内でダヴィー・ゼルケを倒してしまいPKを献上してしまう。主審がVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)を使用して確認した結果、改めてPKの判定が下された。

 このPKをゼルケが決めてヘルタが先制。続く77分には長谷部の背後にパスを通されてマシュー・レッキーに追加点を決められてしまう。そして79分、長谷部が相手と競り合った際にゼルケの顔面を肘打ちしたことで1発退場。後半アディショナルタイムにもアレクサンダー・エスヴァインに得点を決められ、フランクフルトは0-3の敗戦を喫している。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180422-00266373-footballc-socc

ヘルタベルリン戦で長谷部誠が肘打ちで退場となるシーン動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする