フローニンゲンで活躍する堂安律!小野伸二や本田圭佑、吉田麻也、平山相太などがオランダで残したキャリアを辿る!



堂安律のオランダでの”キャリア”はどうなる!?フェイエノールトの小野伸二やVVVフェンロの本田圭佑が残した足跡を辿る!

 ガンバ大阪からフローニンゲンへレンタル移籍していた堂安律が、3年契約で完全移籍を果たした。これまで多くの日本人がプレーしてきたエールディビジの舞台で、堂安はどんなキャリアを築いていくのか。今後の活躍を占う上でヒントになるであろう先人たちの「オランダキャリア」を振り返る。

■小野伸二(フェイエノールト)

浦和レッズでの活躍を評価され、2001年にフェイエノールトへ加入した。初年度から持ち前の技術の高さを披露し、リーグ戦30試合に出場するなど主力に定着。さらにヨーロッパリーグ制覇を経験するなど、輝かしい成績を残して後輩たちにレールを敷いた。

2001-02 リーグ戦30試合3ゴール
2002-03 リーグ戦29試合7ゴール
2003-04 リーグ戦24試合2ゴール
2004-05 リーグ戦25試合7ゴール
2005-06 リーグ戦4試合0ゴール

■平山相太(ヘラクレス)

高校時代に“怪物”と称された平山は、プロキャリアをオランダでスタートさせる。入団先のヘラクレスでいきなり8ゴールをマークするなど存在感を発揮。才能の高さを証明した。しかし、翌シーズンは新監督の信頼を掴めず、ほぼ試合に出ることがないまま日本へ帰国することとなった。

2005-06 リーグ戦31試合8ゴール
2006-07 リーグ戦1試合0ゴール

■本田圭佑(VVVフェンロ)

オランダでの生活は降格という苦い経験から始まったものの、2部に戦いの場を移して状況は一変する。背番号「10」を背負い豪快なミドルシュートでネットを揺らしたかと思えば、華麗なFKでもゴールを量産。リーグ年間最優秀選手賞を獲得するとともに、チームを1年での昇格に導く。その後も活躍を続け、2010年の冬にCSKAモスクワへ旅立った。

2007-08 リーグ戦14試合2ゴール
2008-09 リーグ戦36試合16ゴール(2部)
2009-10 リーグ戦18試合6ゴール

■吉田麻也(VVVフェンロ)

09-10シーズンにVVVへ入団するも、いきなり左足首を骨折する重傷を負い、加入初年度の出場機会は0だった。心機一転望んだ翌シーズンに出場機会を増やし、11-12シーズンには主力に定着。その後、活躍の場をイングランドのサウサンプトンへ移すこととなった。

2009-10 リーグ戦0試合0ゴール
2010-11 リーグ戦20試合0ゴール
2011-12 リーグ戦32試合5ゴール
2012-13 リーグ戦2試合0ゴール

■宮市亮(フェイエノールト、トゥエンテ)

イングランドの名門アーセナルに才能を見初められると、1月にフェイエノールトへ武者修行に出る。初挑戦のオランダにすぐさまフィットし、左ウィングから数々のチャンスを作り出した。シーズン終了後にアーセナルへ戻ったものの故障を繰り返し、再起を期したトゥエンテへの移籍も満足いくものではなかった。

2010-11 リーグ戦12試合3ゴール
2014-15 リーグ戦10試合0ゴール

■安田理大(フィテッセ)

ファーストシーズンから監督の信頼を得て、後半戦15試合に出場。日本代表復帰も果たす。定位置を奪取すると翌年もレギュラーとしてプレーし、チームをリーグ戦7位に押し上げる原動力となった。しかし最後のシーズンは出場機会を失い、ジュビロ磐田へ完全移籍した。

2010-11 リーグ戦15試合0ゴール
2011-12 リーグ戦23試合0ゴール
2012-13 リーグ戦7試合0ゴール

■カレン・ロバート(VVVフェンロ)

ロアッソ熊本に完全移籍した5カ月後に舞台をオランダに移す。残留のかかったプレーオフで2試合連続ゴールを決めるなど、チームの救世主として活躍した。かつて本田が背負っていた背番号「10」を身につけて挑んだ翌シーズンは28試合に出場。その後12-13シーズン終了後にタイへ移籍した。

2010-11 リーグ戦15試合2ゴール
2011-12 リーグ戦28試合3ゴール
2012-13 リーグ戦26試合2ゴール

■大津祐樹(VVVフェンロ)

ドイツで思ったような成績を残せず、12年にVVVへの移籍を決断。加入初年度からリーグ戦22試合に出場したものの、チームは降格の憂き目にあってしまう。背番号を「10」に変えて臨んだ翌シーズンでは、右足アキレス腱断裂の重傷を負い後半戦を欠場。2014年の12月に古巣柏レイソルに復帰することが決まった。

2012-13 リーグ戦22試合1ゴール
2013-14 リーグ戦20試合4ゴール(2部)
2014-15 リーグ戦8試合1ゴール(2部)

■太田宏介(フィテッセ)

当時28歳にして初の海外移籍を決断。冬の移籍市場でフィテッセへ入団したのち、後半戦だけで16試合に出場した。翌シーズンは出場機会を失ったこともあり、2017年に古巣であるFC東京へ復帰を果たす。

2015-16 リーグ戦16試合0ゴール
2016-17 リーグ戦10試合0ゴール


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00748129-soccerk-socc

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/mnewsplus/

スポンサーリンク


3 :名無しさん@恐縮です:2018/04/26(木) 17:30:29.38 ID:8owX4Hax0.net[1/3]

平山って意外と点とってないんだな
2桁行ってると思ってたわ

13 :名無しさん@恐縮です:2018/04/26(木) 17:43:54.72 ID:8owX4Hax0.net[2/3]

ハーフナー追加しておく

フィテッセ
2011-12 リーグ戦15試合5ゴール
2012-13 リーグ戦32試合11ゴール
2013-14 リーグ戦32試合10ゴール

ADOデンハーグ
2015-16 リーグ戦31試合16ゴール
2016-17 リーグ戦27試合9ゴール

24 :名無しさん@恐縮です:2018/04/26(木) 18:00:01.20 ID:ZLGuWlKR0.net

>>13
普通に実績ナンバーワンやね

16 :名無しさん@恐縮です:2018/04/26(木) 17:50:40.61 ID:NAUMheBN0.net

堂安はもう完全に本田越えてるじゃん

18 :名無しさん@恐縮です:2018/04/26(木) 17:54:27.35 ID:Rq8zPJL90.net

本田は1部に上がってからも連続でゴール決めまくって凄いことになるんじゃないかと思ってたけど
マーク厳しくなった途端ゴール決めれなくなった

20 :名無しさん@恐縮です:2018/04/26(木) 17:54:53.35 ID:peZDBfnv0.net

堂安代表に呼べよ
2010の本田を超える活躍するぞ

25 :名無しさん@恐縮です:2018/04/26(木) 18:01:38.83 ID:nh1PsB0d0.net[2/2]

>>20
オランダでのプレー見る限りあの万能ウィンガー具合は
やっぱり代表で手薄の右に割り込ませてもいい感じよね
パス出せてハードワークできてドリブルで突っ込めてあのシュート能力・・・
中島と一緒に見たい(´・ω・`)

31 :名無しさん@恐縮です:2018/04/26(木) 18:26:03.69 ID:zA2JYkId0.net

マンCからオファーとかとんでもないことだけどえらい静かだな

49 :名無しさん@恐縮です:2018/04/26(木) 19:39:40.78 ID:DHUwJL+Q0.net

>>31
将来性込みの評価で仮にマンCが保有権獲得しても
レンタルでたらい回しにされる未来しか見えないもん

32 :名無しさん@恐縮です:2018/04/26(木) 18:28:03.69 ID:cQ5zYRvP0.net[1/2]

代表には届かないと思うけど、今のところ悪くないキャリア
「プレミア強豪から共同保有の提案」あたりは本当にあったみたいだから評価はされてるけど、
進路によっては消えてしまうこともありうる 選択は難しいな

34 :名無しさん@恐縮です:2018/04/26(木) 18:39:05.10 ID:8owX4Hax0.net[3/3]

>>32
この世代で1番の選手なんだから
突然劣化しない限りカタールでは普通に選ばれると思うよ
ロシアは間に合わないだろうけど

37 :名無しさん@恐縮です:2018/04/26(木) 18:46:45.53 ID:nSMRJm3T0.net

>>34
この世代で一番って現状は四年後への保証には何もならんよ

33 :名無しさん@恐縮です:2018/04/26(木) 18:30:48.86 ID:MF2n9iSr0.net

小野はフェイエがクソすぎて潰されたようなもん
小野がいないと全く機能しないから
相手が小野を集中攻撃→小野負傷→小野がいないと機能しないから完全回復待たず復帰させる→負傷
このループの繰り返しだった

35 :名無しさん@恐縮です:2018/04/26(木) 18:39:27.64 ID:cQ5zYRvP0.net[2/2]

>>33
小野はその前に代表戦でタイあたりにヒザを壊されちゃったんだろ?
技術に偏りすぎて、相手からすれば「壊しにいけば簡単に壊せてしまう選手」になってしまってた

43 :名無しさん@恐縮です:2018/04/26(木) 18:56:50.64 ID:FTi7JpSf0.net

チソン
「小野さんにエールディビジのレールを敷いてもらったのでオランダに移籍できました」

45 :名無しさん@恐縮です:2018/04/26(木) 19:19:52.79 ID:jsc0A3Zs0.net

まだ10代だしオランダ上位に移籍してスタメン争いつつEL出れるなら本田よりかはマシなキャリアにはなりそう

本田はロシア移籍でCLEL経験してるが若い頃に競争から逃げてた感があるのが痛すぎる
ミラン移籍が初の挑戦だったけど挑戦すんのが遅すぎたイメージ

51 :名無しさん@恐縮です:2018/04/26(木) 20:07:16.84 ID:zti1lTHs0.net

アヤックス、PSV、フェイエで活躍すれば他のリーグに行ける可能性はそりゃ高いよ
レベルに関係なく西欧全域で1部のオランダリーグは配信されてるし上位陣の試合は毎試合どこかしらのスカウト来てんだもん
ロシアの試合はアジアや東欧と同じで誰かが動画で上げない限り誰も知らん

63 :名無しさん@恐縮です:2018/04/27(金) 04:02:08.78 ID:BWcdoNCgO.net[1/2]

小野は当時まだ競争力のあったエールディビジのビッグクラブで中心だったからな。UEFA杯獲得にも貢献したし。当時エールディビジで最高の外国人選手といわれてた。若い頃のファンペルシやカイトによく指示出してたな

69 :名無しさん@恐縮です:2018/04/27(金) 08:17:47.51 ID:zZCB161D0.net

小野は怪我は多かったけど、当たりに弱いってことはなかったと思う

74 :名無しさん@恐縮です:2018/04/27(金) 11:35:21.23 ID:BWcdoNCgO.net[2/2]

小野は天才だったが若い頃から走り込みが足りずパスを出して満足するような選手になってしまったのが残念。中村俊や宇佐美に家長もこの系統。小野自体はボディバランスが良くフィジカルも弱くはないけど五輪予選の大怪我がなかったらもっと上のステージに行けたかもな

シェアする

フォローする