【動画】ラスパルマス戦で柴崎岳がヘタフェの決勝ゴールの起点!スペイン紙も高い評価で絶賛「華麗なパフォーマンスを見せた」



ヘタフェの柴崎岳がラスパルマス戦で5試合ぶりの出場!積極的なプレスでボールを奪い決勝点を演出!

2018年5月6日のリーガ・エスパニョーラ第36節、ヘタフェは敵地エスタディオ・グラン・カナリアでのラス・パルマス戦に1−0で勝利した。この試合でフル出場を果たし、決勝点の起点となったMF柴崎岳は、スペインメディアからも高い評価を受けている。

負傷者5選手、出場停止5選手と合計10選手を欠いたヘタフェで、5試合ぶりに出場した柴崎は2ボランチの一角としてプレー。前半はボールが回ってこないこともあり存在感を欠いたが、後半には絶妙なスルーパスを通すなど、随所で光るプレーを見せている。

決定的な活躍を見せたのは88分。柴崎はラス・パルマスの中盤底に位置していたMFハビ・カステジャーノが受けたボールを、狡猾にも後方から奪取してFWホルヘ・モリーナにつないだ。そしてモリーナのパスをペナルティーエリア内で受けたFWアンヘルがネットを揺らしている。

抜け目ないプレーで決勝点を演出した柴崎。スペインのスポーツ紙『アス』の採点で同選手は、アンヘルのこの試合単独最高点となる3点満点に次ぎ、GKビセンテ・グアイタと並ぶ2点を付けられた。また同紙はヘタフェ選手の個別評価で、日本人MFについて次のように記している。

「前半のように走るために走ることを止め、創造性を引き受けた後半は華麗なパフォーマンスを見せた。ボールを奪って決勝弾の起点となっている」

なおヘタフェは次節、本拠地コリセウム・アルフォンソ・ペレスに強豪アトレティコ・マドリーを迎える。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00000044-goal-socc

パルマスvs柴崎岳がプレスからボールを奪って決勝ゴールを演出するシーン動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする