【画像】長友佑都が5年ぶりに親友のスナイデルと再会!豪華な2ショットを掲載「何でこんなに気が合うんだwww」



ガラタサライの長友佑都が親友でインテルの元同僚スナイデルと再会「また一緒にプレーしたい!」

 ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都(31)が“親友”との再会を喜んだ。

 長友がトルコで再会した相手はMFヴェスレイ・スナイデル(33)だ。両選手はインテルでチームメイトとなり、2013年1月にスナイデルがガラタサライに移籍するまで2年間ともにプレーした。その後も交友関係は続いており、今冬に長友がガラタサライにレンタル移籍した背景に、スナイデルの助言があったと報じられている。

 スナイデルがインテルを退団して以来の再会を果たした長友は、自身のツイッター(@YutoNagatomo5)を更新し、スナイデルとの2ショット写真を掲載。「親友スナイデル。5年ぶりの再会。最高の時間。楽しすぎた。また一緒にプレーしたい。何でこんなに気が合うんだ。笑」と興奮気味に綴り、英語で「一緒に素晴らしい時間を過ごしたよ」と、再会を喜んだ。

 スナイデルは昨季限りでガラタサライを退団。昨年8月にニースに移籍したが、わずか5か月でフランスの地を離れ、現在はカタールのアルガラファでプレーしている。スナイデルは自身のインスタグラム(@sneijder10official)で「トルコとイスタンブールの滞在は3日間じゃ足りないね」とコメントし、多忙の中で長友と会っていたようだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-01653547-gekisaka-socc

長友佑都公式ツイッター画像

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする