【動画】ホーム最終戦でガラタサライの長友佑都が股抜きのヒールパスで魅せる!首位キープで3年ぶり21回目の優勝が目前!

日本代表DF酒井高徳(27)が主将を務めるハンブルガーSVが、クラブ史上初めてブンデスリーガ2部に降格した。入れ替え戦枠を争うヴォルフスブルクが勝利。ハンブルガーSV―ボルシアMG戦は発煙筒が投げ込まれて終了間際に試合が中断したが、この一戦の終了を待つことなく降格が決まった。ブンデスリーガは63年に創設。
現地時間2018年5月12日にリーガエスパニョーラ第37節の試合が行われ、10位エイバルはホームに19位ラス・パルマスを迎えて対戦。エイバルに所属する乾貴士は先発出場を果たした。試合開始して5分、乾の鋭い縦パスに抜け出したファビアン・オレジャナが横にパスを送ると、走りこんできたシャルレスがゴールを決めて
MF乾貴士がエイバルのホーム最終戦で決勝点を演出し、ホームのサポーターに別れを告げた。前半5分、左サイドでこぼれ球を拾った乾が右足で鋭いグラウンダーのスルーパスをゴール前へ送ると、走り込んだFWオレジャナが反転しながら相手DFとGKをかわしラストパス。これをFWシャルレスが押し込んだ。「ぱっと見たらファビアン



長友佑都がホーム最終戦で股抜きのヒールパスで魅せる!ガラタサライは首位キープで優勝が目前に!

 現地時間2018年5月12日にスュペル・リグ第33節の試合が行われ、首位ガラタサライはホームに10位マラティヤスポルを迎えて対戦。

 ガラタサライに所属する長友佑都は先発出場を果たした。試合開始して30秒でガラタサライのユネス・ベランダが先制点を決めると、12分にはバフェティンビ・ゴミスが追加点を決める。

 その後に追加点はなかったものの、リードを守り切ったガラタサライが2-0の勝利をおさめた。この結果、ガラタサライは首位をキープ。3年ぶり21回目のリーグ優勝が近づいている。

【得点者】
1分 1-0 ベランダ(ガラタサライ)
12分 2-0 ゴミス(ガラタサライ)


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180513-00269083-footballc-socc

ガラタサライの長友佑都が股抜きのヒールパスで魅せる動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする