【動画】オランダで衝撃の40メートル級オウンゴール!ドルトレヒト戦でスピアリングが強烈なミドルで自陣のネットを揺らす!



オランダのエールディヴィジで”プスカシュ賞レベル”のオウンゴール!スピアリングが強烈なミドルを自陣のゴールに決めてしまう!

オランダで決まったオウンゴールに海外メディア「プスカシュ賞受賞に値する」
 海外サッカーで起きた、衝撃のオウンゴールの反響が拡大している。オランダ1部エールディビジの昇格/降格プレーオフで、ゴールまで40メートルの位置から“スーパーミドル”を自軍に決めてしまい、米FOXスポーツオランダ版が動画付きで公開。海外ファンに「こんなオウンゴール、生まれて初めて見た」などと笑撃が広がっていたが、海外メディアも「“歴代最高”オウンゴールに認定」「プスカシュ賞受賞に値するようなオウンゴール」と評している。

 なんと美しく、そして悲しいゴールだろうか。1本のオウンゴールで話題を呼んでしまったのは、スパルタのオランダ人MFスティジン・スピアリングだ。

 10日の昇格/降格プレーオフ第1戦、ドルトレヒト戦。1点リードした後半44分だった。自陣でボールを拾ったスピアリングはドリブルで持ち上がろうとするが、中央付近で相手に奪われた。取り戻そうと後ろに戻りかけると、競り合いでルーズになったボールが足元に。とにかくクリアしようと右足を振り抜いた。

 しかし、豪快に放たれたボールが向かったのは、自軍ゴールの方だった。

 低く鋭い弾道。本来なら抑えの利いた美しいミドルだ。ただし、それが自軍ゴールに向かってしまっている。予期せぬ形となったGKは手を使えば、バックパスでハンドを取られてしまう可能性があった。懸命に飛び上がって頭でクリアを試みるが、むなしくその上を通過。まさかのオウンゴールになってしまった。

海外メディアも続々反応「弾丸のようにネットへと突き刺さっていった…自陣のだ」
 勝利目前で起こしてしまった、まさかの事態にピッチに突っ伏し、起き上がれないスピアリング。衝撃の“40メートルオウンゴール”をFOXスポーツオランダ版公式インスタグラムが動画付きで公開すると、海外ファンは「これはフットボール史上最も爆笑をもたらすゴールだ」「底抜けに面白い。笑いが止まらない」「こんなスペクタクルなシュート、世界最高のGKでも止められないぞ」「光の速さで撃ち抜かれた凄まじい一撃」「こんなオウンゴール、生まれて初めて見た」などと大反響となった。

 さらに、海外メディアも続々反応している。英紙「サン」は「“歴代最高”オウンゴールに認定」と報じ、「クリアしようと蹴り上げたボールは、弾丸のようにネットへと突き刺さっていった…自陣のだ。それは、あまりに雄大なゴールだった」とユーモアを交えて表現。英紙「デイリー・メール」は「スピアリングは、プスカシュ賞受賞に値するようなオウンゴールを披露してみせた」、英誌「Four Four Two」は「スパルタのスピアリングが歴代最高のオウンゴールをスマッシュ!」と伝えている。

 SCヘーレンフェーンの日本代表MF小林祐希、FCフローニンゲンMF堂安律らが活躍するオランダリーグから、大きな反響を呼んでしまったスピアリング。しかし、救いだったことは直後に味方が勝ち越し弾を決め、勝利を決めたこと。1部残留へ向け、運命の第2戦では名誉挽回のプレーを期待したいところだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180512-00023386-theanswer-socc

スピアリングが決めた衝撃のオウンゴール動画

シェアする

フォローする