【悲報】井手口陽介を”幽霊”呼ばわりでスペイン紙が批判「クルトゥラルの“幽霊”が日本代表のW杯予備メンバー入り」



スペインのマルカ紙が日本代表の予備メンバーに登録されたレオネサの井手口陽介に”幽霊”と表現し疑問を投げる!

 日本サッカー協会は2018年5月18日、今月30日に行われるガーナ代表との国際親善試合に向けた日本代表メンバー27人を発表した。ロシア・ワールドカップ本大会に向けたメンバー発表ということもあり、各国メディアでも報じられている。

 ポルトガルメディアが中島翔哉の落選を、ベルギーメディアが森岡亮太と久保裕也の落選を中心として伝えるなど、それぞれの国のリーグでプレーする選手にやはり注目が集まっている。スペイン紙『マルカ』も、スペインでプレーする日本人選手に焦点を当てた。

 スペイン1部でプレーする柴崎岳(ヘタフェ)と乾貴士(エイバル)に加えて、2部のクルトゥラル・レオネサに所属する井手口陽介も27人の中に選ばれた。このメンバー選出について、「クルトゥラルの“幽霊”日本人が柴崎、乾とともにW杯の予備メンバー入り」と伝えられている。

「幽霊」と表現されるのは、井手口がクルトゥラルでほとんど試合に出場していないためだ。ガンバ大阪から1月にイングランド2部のリーズ・ユナイテッドへ移籍し、クルトゥラルへレンタルされたが、ここまでわずか5試合の出場で107分間のプレーにとどまっている。

 最後にピッチに立ったのは2月19日のラージョ・バジェカーノ戦で、その後はベンチ入りしても出場なし。3月の代表メンバーからも外れていた。クラブでは苦しい状況に置かれているが、ワールドカップ本大会のメンバー入りに向けて西野監督にアピールできるだろうか。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180519-00270057-footballc-socc

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする