【動画】シュツットガルト戦で武藤嘉紀が2ゴール!無回転ミドルと逆転ゴールを決める!



シュツットガルト戦でマインツの武藤嘉紀が2試合連続得点となる2ゴール!

 ブンデスリーガは2018年1月20日、第19節2日目を各地で行い、FW武藤嘉紀の所属するマインツはホームでFW浅野拓磨所属のシュツットガルトと対戦し、3-1で逆転勝利をおさめた。2トップの一角で先発した武藤は2戦連続ゴールでドッペルパック(1試合2得点)を達成。ベンチスタートとなった浅野は出番がなかった。

 序盤はマインツが立て続けにチャンスを迎えたが、GKロン・ロバート・ツィーラーのファインセーブで耐えしのいだシュツットガルトが試合を動かした。前半19分、右CKからゴール前で混戦となり、MFロビン・クアイソンがクリアを試みたボールがゴールに吸い込まれた。

 シュツットガルトは2戦連続のオウンゴールで先制に成功。反撃に出たマインツは前半21分、右クロスから武藤がヘッド。前半42分にはPA内左で浮き球パスに反応したMFズアト・ゼルダーが頭で押し込んだ。一度は得点が認められたが、VAR判定によりその前のプレーでハンドが認められ、判定は取り消された。

 それでも猛攻は実り、前半アディショナルタイムに武藤が2戦連発となるスーパーゴールで試合を振り出しに戻した。相手を背負った武藤がPA左手前から右足を振り抜くと、豪快な無回転シュートは不規則に変化。GKツィーラーが反応できずにゴールに吸い込まれ、1-1で前半を折り返した。

 同点弾を挙げた武藤は後半10分にも連続ゴール。スルーパスで抜け出したMFゲリット・ホルトマンが右サイドの深い位置から折り返し、DFラインの裏を取った武藤が滑り込んで右足シュート。これはGKにセーブされたが、こぼれ球を自ら右足で押し込み、逆転に成功。武藤はドッペルパック(1試合2得点)を達成し、今季6点目をマークした。

 2-1と試合をひっくり返したマインツは後半19分、ホルトマンがダメ押しの3点目。後半38分には武藤がベンチに下がった。シュツットガルトも最後の猛攻に出ると、後半アディショナルタイムには右CKをFWダニエル・ギンチェクが頭で押し込み、1点差に詰め寄ったが、反撃もここまで。3-2で逃げ切ったマインツは7試合ぶりの白星。シュツットガルトは今季初のアウェー勝利とはならなかった。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-01649720-gekisaka-socc

シュツットガルトvs武藤嘉紀:無回転ゴール動画

シュツットガルトvs武藤嘉紀:逆転ゴール動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする