【ハイライト動画】チェルシーがブライトンから大量4ゴールを奪い2018年リーグ戦初勝利!



チェルシーがアザール、ウィリアン、モーゼスがゴールを奪いブライトンに4発快勝!

現地時間2018年1月20日、イングランド・プレミアリーグ第24節が行われ、敵地でブライトン&ホヴ・アルビオンと対戦したチェルシーは4-0で大勝。2018年のリーグ戦初勝利を挙げた。

年明けのリーグ戦でまだ勝利のないチェルシーは、アルバロ・モラタが出場停止。下位に沈むブライトンが相手とはいえ、雨のアメックス・コミュニティ・スタジアムで苦戦が予想された。

しかし、モラタ不在の状況に、攻撃陣が奮起。開始わずか3分、右サイドのヴィクター・モーゼスが折り返したボールはニアサイドでDFが触るが、こぼれ球を拾ったエデン・アザールが落ち着いたトラップから豪快にネットを揺らし、チェルシーがあっさりと先制する。

さらに6分、中盤でヌゴロ・カンテがボールを奪うと、ドリブルで仕掛けたウィリアンがアザールに預け、ミチー・バチュアイ、ウィリアン、アザール、バチュアイとダイレクトでパスをつなぎ、最後はウィリアンがゴール右へと決める。前線3人のコンビネーションによる華麗なゴールで、チェルシーがあっという間にリードを2点に広げた。

その後は徐々にブライトンが盛り返し、30分には右サイドからのクロスをトメール・エメがフリーでヘディング。しかし、叩きつけられたボールはGKウィリー・カバジェロが素晴らしい反応ではじき、CKへと逃れた。

チェルシーの2点リードで迎えた後半、2点を追うブライトンが攻勢に出る。50分、右サイドからのアーリークロスをダヴィ・プレパーが頭で合わせるも、右のクロスバーを叩いた。

チェルシーは58分、後半開始早々に頭を打ったアンドレアス・クリステンセンがプレー続行不可となり、ダヴィド・ルイスとの交代を余儀なくされる。直後、ウィリアンが直接狙ったFKは右のポストに当たった。

66分には、高い位置出ボールを奪ったマティアス・スチェロットがGKカバジェロと1対1を迎えるも、ここはカバジェロが体を張ってブロック。すると徐々にチェルシーのカウンターによるチャンスが増え始めた77分、ウィリアンのスルーパスに抜け出したアザールがカットインしてゴール左隅へと流し込み、チェルシーが試合を決定付ける3点目を奪う。

終了間際には、ティエムエ・バカヨコのロングパスに抜け出したモーゼスが4点目を決めて勝負あり。モラタ不在のチェルシーが敵地で4ゴールを決めて大勝した。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00000024-goal-socc

チェルシーvsブライトン試合ハイライト動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする