【画像】乾貴士がキャプテン翼の高橋陽一先生に岬くんのレガースをプレゼントしてもらうwww



エイバルの試合を観戦したキャプテン翼の高橋陽一先生と乾貴士が試合後にパシャリ!

世界で愛される「キャプテン翼」 高橋陽一氏の訪問をツイッターで報告
 現地時間2018年1月26日にリーガ・エスパニョーラ第21節、アスレチック・ビルバオ対エイバルのバスク勢対決が行われた。日本代表MF乾貴士は先発フル出場を果たした一方で、エイバル公式ツイッターアカウントによると日本から“ビッグ”なゲストが訪れたことが紹介されている。

 冷たい雨が降りしきるコンディションでのキックオフとなったが、バスク勢同士の対決らしく激しさが前面に出た戦いとなった。その中で乾は、この日も2列目左サイドに入った。チャンスを創出する場面は少なかったものの、前半17分のシュート、同35分には右サイドのクロスに対してペナルティーエリア内に入り込むなど果敢な姿勢は見せた。

 試合は後半に動く。同5分にビルバオの俊足FWイニャキ・ウィリアムズの突破からのクロスを、得点源のFWルイス・アドゥリスが頭で押し込み先制点を奪う。しかしエイバルも同29分に、ロングボールからFWシャルレスのシュートのこぼれ球をFWキケ・ガルシアが詰めて同点ゴールを挙げた。

 両チームともタイムアップの直前まで勝ち越し点を狙い、乾も得意のドリブルから仕掛ける場面があったが、1-1のまま終了し、お互い勝ち点1を得るにとどまった。ただ、この白熱の一戦のハーフタイムのタイミングで、エイバルはこんなツイートを発信している。

乾は岬くんのグッズを手に笑顔
「ヨウイチ・タカハシ、『オリベル&ベンジー』の作者は我々のアマイア・ゴロスティサ会長と会った。エイバルのユニフォームをプレゼントしました」

 後ろにはアスレティック・クラブと刻まれており、この写真は今回の試合が行われたビルバオの本拠地サン・マメスで撮られたもののようだ。「オリベル&ベンジー」とは世界中で人気になったサッカー漫画「キャプテン翼」のスペイン語名で、作者の高橋陽一氏がリーガ観戦に訪れたことを伝えている。

 また乾も試合後に自身の公式ツイッターを更新し、高橋氏と笑顔で写る2ショットを投稿。登場人物の岬太郎が描かれたグッズを手に、「キャプテン翼グッズも貰うて嬉しい限りです」と喜びのコメントを添えている。試合には勝ち切れなかったものの、世界で愛される“キャプテン翼”の作者訪問に、クラブも乾も興奮を隠しきれなかったようだ。

乾貴士公式ツイッター

スポンサーリンク


エイバル公式ツイッター

ツイッターの反応

シェアする

フォローする