【動画】ユベントスのC・ロナウドが実戦デビューでゴール!アッレグリ監督も高く評価「他の選手を成長させる刺激を与えている」



ユースチームのプリマベーラと対戦したユヴェントスのクリスティアーノ・ロナウドが実戦デビュー戦で早速ゴールを決める!試合は観客の乱入で強制終了となる!

試合は観客の乱入により72分で強制終了…
今夏、レアル・マドリーからユベントスへの移籍で世界を驚かせたクリスチアーノ・ロナウド。
先週から新天地での練習に参加し、調整を続けていたが、2018年8月12日(現地時間)、ついに実戦デビューを果たした。
 
舞台となったのは、ピエモンテ州の田舎町、ヴィッラール・ペローザ。
オフシーズンの恒例となるプリマベーラ(ユースチーム)とのテストマッチで、
ユベントスのユニホームを身に纏ったC・ロナウドが、初めてピッチ上でそのプレーを披露した。
 
熾烈な競争を勝ち抜いてチケットを手に入れた5000人ほどの観客の前に姿を現わした選手たち。その最後に、C・ロナウドの姿はあった。
 
試合開始から1分後、全ての視線を集める背番号7が初めてボールを得るが、ここではDFに奪われる。
4分には左サイドでテクニックを見せるも、中央へのパスは相手選手に渡り、ここから攻撃を受け、FKからクロスバーを叩くシュートを浴びた。
 
しかしその1分後、右SBを務めたクアドラードのロングパスを受けて、フェイントでDFをかわし、左足でファーストシュート。
これは枠を捉えられなかったものの、大きな拍手を受けたC・ロナウドは、8分に待望の瞬間を迎える。
 
ミランから1年で復帰したボヌッチの縦パスで完全に抜け出すと、完全フリーの状態で前に運んでから冷静にゴール。
小さなスタンドは大歓声に包まれた。
 
完全に身体が温まった新たなエースは、11分にはD・コスタのクロスに、DFに競り勝っての打点の高いヘッドで合わせる。
さらにその2分後には、クアドラードのクロスに対してバイシクルシュートを披露! 
いずれもゴールとはならなかったが、そのダイナミックなプレーからはコンディションの良さが感じられた。
 
17分に縦パスから再び抜け出して決定的なシュート(GK正面)を放ってから1分後、
ベルナルデスキのパスでC・ロナウドは好機を迎えるが、必死に寄せたDFが触ったボールがゴールラインを割り、オウンゴールとなった。
 
ただゴールチャンスに絡むだけでなく、左右に動いてチェイシングも怠らない彼は、
スムーズな連係からチャンスメイクもこなし、29分にはDFを引きつけてD・コスタの縦への突破を引き出す横パスを見せた。
 
ユベントスA(C・ロナウドらのトップチームがA、プリマベーラはB)は31分にD・コスタのクロスをゴール前に走り込んだディバラが頭で決めて3点目を奪ったが、ディバラはその後、連続して決定機を外してしまう。
 
しかし、40分に背番号10はようやくチャンスを活かす。クアドラードのクロスからC・ロナウドが右足でダイレクトシュートを放ち、GKが弾いたところを詰めたのだ。
 
これで前半は終了。と同時に、C・ロナウドも交代でピッチを退いた。まだ完全とは言えないものの、ファンへのお披露目としては、十分に彼らを満足させられるプレーだったと言えよう。
 
なお、試合は多くのメンバーを入れ替えて後半に入り、53分にディバラの技巧的なドリブルから、ゴール前でボールを受けたケディラが後ろに戻すと、マルキージオがダイレクトで決めてAチームが5点目を奪った。
その後、72分に観客がピッチに乱入したことで試合は5-0のスコアで強制終了となってしまった。
 
試合後、ユベントスのアッレグリ監督は、実戦デビューを果たしたC・ロナウドについて、以下のように語っている。(『Gazzetta dello Sport』紙より)
 
「豊富な経験と十分なクオリティーを持っているので、得点には驚いていない。彼は、他の選手を成長させるだけの刺激をチームに与えている。
5シーズンで4度の欧州王者になった彼には、その特徴を十分に出してもらうとともに、チームのための犠牲も求めたい」

 
なお、この試合のスタメンは以下の通り。フォーメーションは4-2-3-1
 
GK:シュチェスニー
DF(右から):クアドラード、ボヌッチ、キエッリーニ、A・サンドロ
MF:ベンタンクール、ジャン
2列目:ベルナルデスキ、ディバラ、D・コスタ
CF:C・ロナウド


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00045565-sdigestw-socc

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/mnewsplus/

ユヴェントスの実戦デビューでクリスティアーノ・ロナウドがゴールを決めるシーン動画

スポンサーリンク


4 :名無しさん@恐縮です

なんか格が落ちた気がする
セリエってクソスタジアムだからかな

6 :名無しさん@恐縮です

なんで今更セリエAに?
クリロナがWOWOWで見れなくなって寂しい

9 :名無しさん@恐縮です

>>6
プレミア
ラリーガ
セリエA
の3つでCL制覇出来たら前人未到になれるだろ
ユーヴェも久々のCL制覇を狙っている

まあ、それ以前にレアルに対する不満もいろいろあったんだろうけど

13 :名無しさん@恐縮です

強制終了ってなんぞ
そんなんで勝ち負けがつくんか

24 :名無しさん@恐縮です

>>13
毎回後半過ぎたぐらいからサポが大量に乱入して選手は逃げ回る恒例行事。今年はクアドラードが逃げ切れなかった模様

14 :名無しさん@恐縮です

イグアインがミランに逃げたけど嫌いなのかな
マドリード時代にいじめられたのか?

16 :名無しさん@恐縮です

>>14
イグアインはロナウド悪く言ってた記事も出てたし好きじゃないだろうな

35 :名無しさん@恐縮です

>>16
それ有名な飛ばし記事だぞ
イグアイン本人が、記事が出た瞬間に否定のコメントを出した有名なデマ記事

イグアイン本人はクリロナのユーベ移籍が決まった瞬間に一番早くSNSで歓迎のコメントを出した
まあ肝心のイグアインは売られちゃったが

20 :名無しさん@恐縮です

リーグ捨ててでもCL獲りに行くだろうな
リーグ優勝してももう意味無いし

23 :名無しさん@恐縮です

セリエAでも点取れるかな
楽しみだな

29 :名無しさん@恐縮です

ユーベってロナウドの悪口を言ってたイグアインがいたけど移籍したのか

36 :名無しさん@恐縮です

>>29
それ有名な嘘記事
イグアイン本人が即否定のコメントを発表したが
なぜか延々とイグアインがクリロナを悪く言った事になってる

37 :名無しさん@恐縮です

D・コスタとはポルトガル語で心置きなく喋れるし
良い連携プレーが見れそうだ、相性も良さそうだしな

47 :名無しさん@恐縮です

しかしユーベを選んだのは賢いな
ブンデスはバイエルン一強だしレバンドフスキがいるし
プレミアでユナイテッドに復帰しても国内リーグではライバルのシティが強敵
ユーベがチャンピオンズリーグ、国内リーグ共に優勝を狙えてかつ自分が主役でいられる

シェアする

フォローする