【動画】カーディフ戦でマンCのサネが危険なタックルを受け負傷!数週間の怪我もファウルの判定はイエローのみ!

マンチェスター・シティはFA杯4回戦でカーディフ(2部相当)を2-0で下し、5回戦進出を決めた。試合後、記者会見に出席したジョゼップ・グアルディオラ監督は審判団に憤りを見せ、「審判は試合中に選手を守るべきだ」と訴えた。前半45分、相手のロングスローからボールを受けたMFリロイ・サネが



マンチェスターシティのサネがカーディフ戦で悪質なタックルを受け数週間の離脱!

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、カーディフ・シティ戦でのレフェリングに怒りが収まらないようだ。

2018年1月27日のFAカップ4回戦でマンチェスター・シティはカーディフと対戦。ケヴィン・デ・ブライネとラヒーム・スターリングの得点で2-0の勝利を収めたマンチェスター・シティだが、この試合の前半にサネがジョー・ベネットから強烈なタックルを受け、負傷退場する。一方のカーディフDFに対してはイエローカードが提示されるのみだった。

以前からプレミアリーグで選手たちが不要な負傷から守られていないと話していたグアルディオラ監督は試合後、主審のリー・マンソン氏のレフェリングに苦言を呈した。

「ベルナルド(シウバ)のゴールが認められなかったのは理解できないが、別に大したことではない。それよりも彼らは選手を守らなくてはならない。マンチェスター・シティの選手たちだけではなく、全ての選手だ。レフェリーができる唯一のことは選手たちを守ること。私は何度も言ってきたが、彼らはもっと選手を守る必要がある」

また、負傷したサネの状態について「最低でも2週間から3週間、もしくは1カ月ぐらいかかるかもしれない。明日になれば詳しいことが分かるだろう」と数週間は離脱することになると明かした。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000030-goal-socc

カーディフvsサネ負傷シーン動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする