【朗報】ハンブルガーが2部降格も酒井高徳が選手流出を阻止!地元紙のインタビューで理由を説明「2部でプレーする事を勧めた」



ハンブルガーSVの酒井高徳がクラブの2部降格で選手の流出が心配されるも阻止していたことを地元紙のインタビューで明かす!

ハンブルガーSV(HSV)に所属する元日本代表DF酒井高徳は主力選手2人の残留にあたって決定的な役割を果たしていたかもしれない。地元紙『ハンブルガー・モルゲンポスト』が同選手のコメントを紹介した。

クラブ史上初のブンデスリーガ2部でのシーズンを過ごすHSVだが、酒井と同様、MFルイス・ホルトビーやアーロン・ハントといった主力選手たちがそれぞれ新契約にサイン。その経緯について、酒井はこのように明かしている。

「2人とはシーズン後に話しましたね。たくさんのメッセージを送り合い、状況について意見交換をしました。僕はクラブに残ることを決めていたので、一緒に2部に行くことを勧めました。アーロンもルイスもものすごいクオリティーを持つ強力なプレーヤーです。ピッチに立てば違いをつくり出してくれる選手たちですからね」

今シーズンからはキャプテンマークを返上した酒井に代わってハントが新主将に就任。それでもクリスティアン・ティッツ監督が“静かなボス”と呼ぶ酒井は今後もFW伊藤達哉ら若手たちの面倒を見ていくという。

「若い選手たちとは定期的に話していますよ。サッカーに限らず、色々についてです。年上の選手としては若手をサポートして、助けになってあげなければいけませんからね。このような役割は好きですよ。チームはこのようなことをすることでしか団結しません」


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00000027-goal-socc

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/mnewsplus/

スポンサーリンク


2 :名無しさん@恐縮です

道連れ

5 :名無しさん@恐縮です

野人岡野も、浦和が降格した時いろんな選手に残るように言ってたな
他クラブからオファーが来ていた選手も「ヤマ、残るだろ?残れよ!」と押し切られ残留してしまった

16 :名無しさん@恐縮です

>5
J1戻った翌年に自分が出ていってしまったまでがセット

7 :名無しさん@恐縮です

アジア人ハーフがキャプテンでは名門もそら二部に落ちるわ

11 :名無しさん@恐縮です

叩く奴もいるだろうけど
外国のチームで他を引っ張ろうとするのは容易じゃない
立派だわ

14 :名無しさん@恐縮です

もともとドイツ人なんだっけか(´・ω・`)

15 :名無しさん@恐縮です

酒井を見てると長谷部の次に慣れそうだったのに。

ずっとベンチだったから楽しくなかったか。
チームで活躍するのに代表じゃパットしなかったな。
内田、長友とか酒井とかSBに人材が多かった時代と被ったせいか。

こんな選手がドーハの頃にいたらな

シェアする

フォローする