【動画】権田修一がスーパーセーブを連発!柏レイソル戦でチームを救う”神セーブ”でサガン鳥栖はドローに持ち込む!



サガン鳥栖のGK権田修一が柏レイソルの決定機を阻止する”ビッグセーブ”を連発!チームを何度も救うプレーで引き分けに持ち込む!

暫定順位が17位の柏レイソルが、16位のサガン鳥栖を本拠地に迎えた一戦。残留を懸けたサバイバルの直接対決は、1-1の引き分けで決着した。

キックオフ直後から両雄とも、鋭いフォアチェックで相手ボールを追う。コンパクトな中盤を保って迅速な攻守の切り替えを遂行するも、なかなかそれぞれの前線の基準点であるオルンガ、F・トーレスに効果的な形でボールが収まらない。個人での局面打開や中盤での潰し合いに終始し、チャンスらしいチャンスは掴めないままだった。

30分過ぎから金崎の抜け出しを突破口としながら、徐々に鳥栖がカウンターを軸に手数を出していく。小野やパスや福田のフリーランも活きはじめ、柏を自陣に押し込んでいった。

しかし、均衡を破ったのは日立台の主だった。40分だ。オルンガの落としを受けたベテラン大谷が絶妙なスルーパスを前線へ通し、裏のスペースに躍り出た小池が中央へ折り返し。このグラウンダーのクロスに呼応した瀬川が3戦連続となるゴールを蹴り込み、ワンチャンスをモノにしたのだ。流麗なパスワークからの一撃にスタンドが沸き返る。3戦連続で完封中だった鳥栖の堅牢をこじ開けた。

1点を追う鳥栖は後半開始早々49分にF・トーレスがフリーヘッドを放つも、力なくGK桐畑の正面へ。一気にギアを上げ、勢いのまま同点とするのだ。52分、三丸の右CKをフリーで待ち構えた金崎が豪快ヘッドでゴールにねじ込み、咆哮を轟かせた。鳥栖は62分に金崎が際どい直接FKを繰り出し、68分にはふたたびF・トーレスが好機を迎えるが、渾身のヘディングは枠を捉えられなかった。

後半はボール回しこそするものの、いまひとつ攻撃に閉塞感があった柏は、70分にようやく決定機を迎える。大谷のクロスを途中出場の江坂がドンピシャヘッドで合わせたが、GK権田のファインセーブに阻まれた。78分にはゴール前の混戦からオルンガが至近距離ボレーで狙うも、これはゴールマウスを大きく外れてしまう。88分にはゴール前のこぼれ球を山崎が押し込む最大のチャンスを得たが……権田の神懸かりなセーブで万事休す。

両者ともに最後まで激しく攻め合い、3ポイントを追い求めたが、結末は1-1の痛み分け。柏は連敗を2で止め、鳥栖は連続無敗を4試合に伸ばした。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180922-00047631-sdigestw-socc

柏レイソル戦でサガン鳥栖のGK権田修一が素晴らしい反応でゴールを阻止するシーン動画

サガン鳥栖のGK権田修一が試合終盤に柏レイソルの決定機を防ぐシーン動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする