【動画】南野拓実が今季2点目のゴール!ラピッドウィーン戦で先制ゴールを右足で決めてザルツブルクの勝利に大きく貢献!



ザルツブルクの南野拓実がラピッド・ウィーン戦で先制点となるゴール!エリア手前の中央でボールを受けて右足で決める!

オーストリア・ブンデスリーガは23日、第8節を行い、日本代表FW南野拓実が所属するザルツブルクはホームでラピッド・ウィーンと対戦し、2-1で勝利。南野は前半36分に得点を決め、2日の第6節以来となる今季リーグ戦2ゴール目を記録した。

乗りに乗る23歳の日本代表MFが得点を決めた。リーグ戦2試合ぶりの先発となった南野は果敢にゴールを狙い、チャンスをつくっていく。すると前半36分、PA手前でパスを受けた南野は軽くワントラップ。瞬間的に体をひねりながら右足を振り抜き、ゴール左に突き刺した。

ザルツブルクは後半31分にはFWムナス・ダブールが追加点。試合終了間際に失点を食らうが、そのまま2-1で試合終了となり、開幕8連勝を継続し、首位をキープしている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-02051363-gekisaka-socc

ラピッド・ウィーン戦でザルツブルクの南野拓実が先制点のゴールを決めるシーン動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする