【動画】サラーのゴールがプスカシュ賞を獲得!FIFAの選出に批判が集まるもチームメートは年間最優秀ゴールを祝福!



リヴァプールのサラーがFIFAプスカシュ賞を獲得!ファンからは選出に批判の声が噴出もチームメートは祝福!

現地時間24日に国際サッカー連盟(FIFA)による「ザ・ベスト賞」表彰式がロンドンで開かれ、FIFAプスカシュ賞にリバプールに所属する26歳のエジプト代表FWモハメド・サラーのゴールが選ばれた。この受賞に批判の声が集まっているが、チームメイトのジェームズ・ミルナーは祝福している。

今回のFIFAプスカシュ賞は、昨年10月から今年9月までに開催されたリーグ戦やカップ戦、FIFA主催の大会で決めたゴールが対象となる。チャンピオンズリーグ(CL)決勝でレアル・マドリーのガレス・ベイルが決めたバイシクルシュート、クリスティアーノ・ロナウドがCL準々決勝のユベントス戦で決めたオーバーヘッド弾、アルゼンチン代表のリオネル・メッシがロシアワールドカップのナイジェリア戦で決めたゴールなど、多数の美しい得点がノミネートされていた。

そんな中、FIFAプスカシュ賞に選ばれたのはサラーの得点。昨年12月10日に行われたプレミアリーグのエバートン戦で、サラーはボールを受けた後に素早く反転し相手2人を抜いてゴールを決めていた。これがファン投票によって、今回のFIFAプスカシュ賞に選ばれている。

ただ、ノミネートされた他のゴールに比べて印象は薄い。一部では批判の声も挙がっている状況だ。そんな中、ミルナーは自身のツイッターを通じて「昨年から今年にかけて、7回目のベストゴール。おめでとう、サラー」とコメントし、サラーのFIFAプスカシュ賞受賞を祝福している。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180925-00290690-footballc-socc

プスカシュ賞を獲得したリヴァプールのサラーが決めたゴールシーン動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は2018年5月26日、ウクライナのオリンピスキ・スタジアムで決勝戦が行われ、レアル・マドリー(スペイン)が3-1でリバプール(イングランド)を下し、前人未到の3連覇を達成した。現・欧州チャンピオンのレアルは4-3-1-2を採用。ゴールをGKケイラー・ナバスが守り、
サッカーのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)は2018年4月3日(日本時間4日)、決勝トーナメント準々決勝第1戦でレアル・マドリード(スペイン)がユベントス(イタリア)に3-0で先勝。 話題を呼んだのが、2得点したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのオーバーヘッド弾だ。世界に驚愕を与えた

シェアする

フォローする