【動画】鹿島アントラーズの内田篤人が倒されるもPKなし!誤審の可能性も?天皇杯のサンフレッチェ広島戦で疑惑の判定!



天皇杯ラウンド16のサンフレッチェ広島戦で鹿島アントラーズの内田篤人がドリブルでエリア内に侵入して倒されるもノーファウルでPKはなしの判定!

天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会の4回戦が26日に行われ、県立カシマサッカースタジアムで激突した鹿島アントラーズとサンフレッチェ広島は90分間で決着がつかず、延長戦に突入した。

互いにチャンスを生かせない時間が続く中、0-0の後半アディショナルタイム2分、PA内右に攻め上がったDF内田篤人が相手DFに倒されるが、ファウルの笛は鳴らず。スタジアムは大ブーイングに包まれ、内田も思わず仰向けで大の字に倒れ込んだ。

試合はそのままゴールが生まれずに後半終了のホイッスルが吹かれ、延長線に突入。なお、鹿島が勝てば3大会連続、広島が勝てば4大会連続のベスト8進出となる。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-02115243-gekisaka-socc

サンフレッチェ広島戦で鹿島アントラーズの内田篤人がエリア内で倒されるシーン動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする