【動画】興梠慎三がループシュートとボレーで2ゴール!柏レイソル戦で2得点を奪う活躍で浦和レッズを勝利に導く!



浦和レッズの興梠慎三が柏レイソル戦で華麗なループシュートと鮮やかなボレーシュートからの2ゴールでチームの勝利に貢献!

J1リーグ28節の浦和レッズ対柏レイソルが30日、埼玉スタジアム2002で行なわれ、浦和が3-2で勝利を収めた。浦和は今季2度目の3連勝だ。

35分に柏のオルンガに先制点を奪われた浦和だったが、直後に反撃を開始。38分に武藤雄樹のクロスを受けた長澤和輝がゴール前の混戦を抜け出し、GKとの1対1を制して同点弾を叩き込む。さらに、その3分後には相手最終ラインにプレスをかけてボールを奪い、興梠慎三がGKのポジションを見極めて鮮やかなループシュートを沈めた。

一方の柏は、ビルドアップがままならずに攻撃が機能不全に陥り、個人技頼みのカウンターに終始する。クリスティアーノや江坂、オルンガが独力でなんとか局面を打開した際にはチャンスにつながったが、チームとしての連動したアタックはほとんど見られなかった。

大雨が降ってきた後半は、浦和がさらに攻勢を強めた。56分には鮮やかなパス回しでエリア内に侵入し、武藤が決定的なシュート。GKに弾かれたが、入ってもおかしくない決定機を作る。

しかし、このチャンスを逃すと60分に同点弾を決められる。クリスティアーノにクロスを上げられ、フリーの瀬川祐輔にヘッドをねじ込まれた。いずれの選手にもマークがついておらず、まさに集中力が切れた失点だった。

その後はお互いに中盤でのプレスが甘くなり、打ち合いの展開に。そうして迎えた81分、浦和のエースがまたも仕事をやってのけた。右サイドから武藤が上げたクロスに反応し、値千金のボレーシュートを沈めたのだ。

結局、このゴールが決勝点になり、浦和が勝利。勝点41とし、暫定6位に順位を上げた。敗れた柏の順位は変わらず、自動降格圏の17位と苦境に陥っている。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00047984-sdigestw-socc

スポンサーリンク


ツイッターの反応