【動画】U-16日本代表の唐山翔自が決勝ゴールでオマーンに勝利!2大会連続となるU-17W杯の出場権獲得が決定!



U-17ワールドカップの出場権をかけたU-16オマーン戦でU-16日本代表の唐山翔自が試合終了間際に決勝ゴールを決めて勝利!

AFC U-16選手権2018準々決勝が30日に行われ、U-16日本代表とU-16オマーン代表が対戦。2-1の勝利を収めた日本が準決勝へ進むとともに、来年のU-17ワールドカップ出場権を獲得した。

マレーシアで開催中の今大会のグループステージを日本は2勝1分けの勝ち点7で首位通過。世界への切符を懸けてオマーンとの一戦に望んだ。

前半14分にはFW西川潤(桐光学園)のゴールで日本が先制したが、21分にはオマーンが同点ゴール。そのまま終盤を迎えたが81分にFW唐山翔自(ガンバ大阪ユース)が追加点を奪い、これが決勝点となった。

この勝利により日本は来年ペルーで開催されるU-17ワールドカップの出場権を獲得。2大会連続9回目の出場となる。また、AFC U-16選手権でも2大会連続の準決勝進出。準決勝ではインドネシア対オーストラリア戦の勝者と対戦する。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00291265-footballc-socc

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする