【動画】ケルン戦で香川真司との連携からバチュアイがシュールレの決勝ゴールをアシスト!

ドルトムントの香川真司とゲレイロがケルン戦のアディショナルタイムに2人だけのパス交換で時間稼ぎ! 香川真司(日...
ドルトムントの香川真司とゲレイロがケルン戦のアディショナルタイムに2人だけのパス交換で時間稼ぎ! 香川真司(日...
ボルシア・ドルトムントは現地時間2018年2月2日、ブンデスリーガ第21節でケルンと対戦し、敵地で3-2の勝利を収めた。フル出場した香川真司は、4試合ぶりの勝利を喜んでいる。ドルトムントが最後にブンデスリーガで勝ったのは12月16日のホッフェンハイム戦だった。その後は最終的にアーセナルへ移籍した



ケルン戦でドルトムントの香川真司が起点となりバチュアイがシュールレの決勝ゴールをアシスト!

新エース候補がドルトムントに4戦ぶり白星を導き、2紙が採点「1.5」を与える
 MF香川真司が所属するドルトムントは、現地時間2018年2月2日に敵地でケルンと対戦し、新加入FWミシー・バチュアイがデビュー戦で2得点と大暴れし、3-2で4試合ぶりの勝利を収めた。現地メディアでは、早速期待に応えたベルギー代表FWに単独トップ評価が与えられている。

 前半35分に左サイドをオーバーラップしたDFジェレミー・トリアンの折り返しをバチュアイが左足ダイレクトで蹴り込んで先制。これに対してケルンも、後半15分にFWシモン・ツォラーのゴールで同点に追いついた。

 失点直後の同17分にバチュアイがこの日2点目のゴールで再び勝ち越すも、ケルンも同25分にセットプレーからDFホルヘ・メレがヘディングシュートを流し込んで食らいついた。

 点の取り合いとなった接戦の中で試合を決めたのは2試合ぶりに先発出場したドイツ代表FWアンドレ・シュールレ。試合終盤の同39分、バチュアイのパスを受けてカウンターからドリブルで相手ゴール前まで持ち込むと、右足のミドルシュートでゴールネットを揺らした。

 この試合の全ゴールに絡むなど特大のインパクトを残したバチュアイには、ドイツ地元紙「WAZ」と「ルールナハリヒテン」の選手採点(1が最高、6が最低)でいずれもチームトップの1.5点が付けられた。チェルシーから加入した大型ストライカーは、アーセナルへ移籍したFWピエール=エメリク・オーバメヤン(2013年)が初出場でハットトリックをマークして以来の、デビュー戦複数得点を達成する最高のスタートとなった。

香川も正確なパスでチャンス演出
 7試合連続スタメン出場の香川も、先制点のシーンではオフ・ザ・ボールの動きで相手DFを引きつけてバチュアイをフリーにする間接的な“アシスト”を見せるなど軽快な動きで好調をアピール。前半14分にクロスバー直撃のシュートを放ったほか、正確なパスでの展開とチャンスメイクが光った。

「ルールナハリヒテン」紙はシュールレと並びチーム2位タイの2.5点。「WAZ」紙は4位タイの3点という評価だった。

 ドルトムントは4試合ぶりの勝利を手にし、暫定で2位に浮上。新エース候補の活躍で復調の兆しが見えてきた。

ケルンvs香川真司とバチュアイの連携からシュールレが決勝ゴール動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする