【動画】ボーンマス戦で岡崎慎司が惜しいヘディングシュートも無得点!途中出場もヘッドは決まらずレスターはスコアレスドロー!



レスター・シティの岡崎慎司がボーンマス戦で途中出場を果たしプレミアリーグ100試合出場を達成!惜しいヘディングシュートもゴールは奪えず!

現地時間の2018年11月10日にイングランド・プレミアリーグ第12節の試合が行われ、9位レスターがホームで15位バーンリーと対戦。レスターはシュート22本も放つも、0-0のスコアレスドローで試合が終わった。FW岡崎慎司は途中出場を果たし、プレミアリーグ100試合出場を達成した。

前節のカーディフ戦で勝利したレスターは前半惜しいシーンを何度も作るも、得点には至らず。前半を折り返す。

後半もホームで勝利が欲しいレスターは60分、MFマーク・オルブライトンに代えてFWケレチ・イヘアナチョを投入する。それでもゴールを奪えないレスターは84分にMFデマライ・グレイに代えて岡崎を投入。これで岡崎はプレミアリーグ100試合出場となった。

投入直後、果敢に前線からプレスをかける岡崎。すると後半AT、左サイドのクロスボールに反応し、ヘディングシュートを放つもわずかにゴール左に外れる。10分程の出場だったが岡崎らしいプレーでチームを鼓舞するも、試合はそのままスコアレスドローに終わった。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181111-00296640-footballc-socc

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする