【動画】NACブレダ戦で堂安律が1ゴール1アシストを含む3得点に絡む!フローニンゲンの逆転勝利に大きく貢献!



フローニンゲンの堂安律がNACブレダ戦で今季4点目のゴールとアシストなど3得点に絡む活躍でチームの逆転勝利に貢献する!

現地時間2018年12月2日に行われたオランダ・エールディビジ第14節でフローニンゲンはNACと対戦し、ホームで5-2の勝利を収めた。堂安律はフル出場し、1得点1アシストを記録している。

下位に低迷する2チームの対戦。今後残留争いのライバルになり得るチームを相手に、どちらも勝ち点3が欲しいゲームとなった。

先制したのはホームのフローニンゲン。6分、堂安が敵陣右の浅い位置から左足でゴール前にパスを送ると、マヒがダイレクトボレーで合わせてリードを奪った。

しかし、16分に同点弾を許したフローニンゲンは、56分にセットプレーの対応をミス。逆転弾を決められてしまう。

それでも、その直後に堂安がチームを救った。右サイドからのグラウンダーのクロスを相手GKが弾き、さらにDFにボールが当たると、こぼれ球を堂安が詰めてゴール。堂安の今季4点目で2-2とした。

76分には堂安のパスを起点にゼーファイクがゴールを挙げて逆転に成功。85分には堂安のパスを受けたマヒが一度はGKに止められながらも押し込んで4-2となる。90分にはメミシェビッチにゴールが生まれ、終わってみれば5-2の大差となった。

【得点者】
6分 1-0 マヒ(フローニンゲン)
16分 1-1 ロスフフェル(NAC)
56分 1-2 テ・フレーデ(NAC)
58分 2-2 堂安律(フローニンゲン)
76分 3-2 ゼーファイク(フローニンゲン)
85分 4-2 マヒ(フローニンゲン)
90分 5-2 メミシェビッチ(フローニンゲン)


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181203-00299647-footballc-socc

スポンサーリンク


ツイッターの反応

ポルティモネンセの中島翔哉がトンデラ戦で相手の連携ミスを見逃さずにボールを奪いラストパスを受けると豪快な左足のシュートで今季5点目のゴールを決める!前半1分で失点したときにはどうなるかと思ったけど、ポルチモネンセ前半終わって3-1。中島さんのロスタイム弾もあり。
ザルツブルクの日本代表FW南野拓実が、公式戦3試合ぶりとなるゴールを挙げた。ザルツブルクは2018年12月2日、オーストリア・ブンデスリーガ第16節でSCラインドルフ・アルタッハと対戦。南野は左ウィングで先発した。すると前半の18分、アンドレ・ラマーリョのハイボールを受けた南野が強烈な一撃で
ブレーメンの大迫勇也がバイエルン戦で今シーズン3得点目のゴールを決める!左サイドからのクロスボールを頭で合わせて同点に追いつくゴールを奪う!大迫、鮮やかなヘディングシュート!見事なゴールだけど、バイエルン相手にはやめてくれ…。

シェアする

フォローする