【動画】本田圭佑がシドニー戦後に英語のインタビューで熱弁!世界からも絶賛の評価「サッカーはエンターテインメントだと思う」



ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦で3試合連続ゴールの本田圭佑がインタビューに英語で応える「ゴールを決めても満足していません」

オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーに所属する本田圭佑は、自身の先制点を含む4ゴールを奪って快勝した試合後にも、チームのパフォーマンスに満足していない様子を見せた。豪州『10スポーツ』が試合直後のインタビューを伝えている。

ビクトリーは2018年12月1日に行われたAリーグ第6節の試合でウェスタン・シドニー・ワンダラーズと対戦。本田は11分にヘディングで3試合連続となるゴールを記録するなど好プレーを見せ、チームも4-0で4連勝を飾った。

だが本田は試合後に、「まだ満足していません」とコメント。「チームはもっと良くなることができると思います。確かに今日は僕も点を取って、チームも4点取りましたが、ミスもたくさんありました」と語る。

「次のアデレード戦に向けて意識を変えなければ、来週は厳しい試合になると思います」と本田はチームに対してさらなる改善を要求している。

ビクトリーは後半アディショナルタイムに入って4点目を奪ったが、本田はその後のプレーでさらにボールを要求していた。「そこが変えたいと思うところです。4-0でも満足するべきではありません」と攻め続ける姿勢を強調した。

「スコアは関係ありません。大事なのはいかにファンをハッピーにさせるか。サッカーはエンターテインメントだと思います。4-0でもゴールを奪うべきであり、積極的に戦うべきです」と本田。調子を上げているチームにさらなる意識改革を求めている。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181202-00299602-footballc-socc

ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦の試合後に英語でインタビューを受ける本田圭佑の動画

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする