【動画】J1プレーオフ決定戦はジュビロ磐田が小川航基のPKと田口泰士のフリーキックからのゴールで東京ヴェルディに勝利!



J1プレーオフ決定戦の東京ヴェルディ戦でジュビロ磐田が小川航基と田口泰士のゴールで残留を決める!

ジュビロ磐田がJ1残留を決めた。

J1参入プレーオフ決定戦が2018年12月8日に行われ、明治安田生命J1リーグを16位で終えたジュビロ磐田と、明治安田生命J2リーグを6位で終え、2連勝で決定戦に勝ち進んだ東京ヴェルディが対戦。90分を終えて同点の場合は、磐田がJ1残留となる。

試合が動いたのは41分。山田大記のスルーパスに抜け出した小川航基がペナルティエリア内でGK上福元直人に倒され、磐田がPKを獲得。

自らキッカーを務めた小川航基が左に決め、ホームの磐田が先制に成功した。

さらに磐田は80分、田口泰士がペナルティーエリア手前からのFKを直接狙うと、壁の間を通過したシュートがゴール左隅に突き刺さり、リードを2点に広げた。

J1昇格には3点が必要となった東京Vは最後までゴールを奪うことはできず、試合終了。J1最終節で16位に転落し、参入プレーオフを戦った磐田だったが、J1残留を決めた。一方の東京Vは、11年ぶりのJ1昇格とはならなかった。

【スコア】
ジュビロ磐田 2-0 東京ヴェルディ

【得点者】
1-0 41分 小川航基(PK/磐田)
2-0 80分 田口泰士(磐田)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00874330-soccerk-socc

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする