【画像】PSGの下部組織に畠山拓海と泉田陸玖が加入!16歳の2人が関係者の目に留まり日本人として初の契約で移籍が実現!



パリ・サンジェルマンの下部組織に日本人が初めて加入!PSGと初契約をかわした16歳の畠山拓海と泉田陸玖に注目が集まる!

パリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織(U-17)に畠山拓海と泉田陸玖の日本人選手2人が加入した。

2人とも新潟県のクラブチーム「FC下越セレソン」でプレーし、中学卒業後に活動拠点をフランスに移した。フランス、ドイツ、ブラジルなど、各国のセレクションに参加していたところ、PSGの関係者の目に留まったという。PSGと契約を結んだ選手としては日本人初だ。

畠山と泉田は共に2002年生まれの16歳。U-16日本代表の森山佳郎監督の“02ジャパン”、そして、2019年にペルーで開催されるU-17ワールドカップの世代でもあり、今後の成長と活躍に期待できる。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181211-00300717-footballc-socc

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする