【動画】クラブW杯のグアダラハラ戦で永木亮太が同点のゴール!土居聖真のアシストで鹿島アントラーズが同点に追いつく!



鹿島アントラーズの永木亮太がクラブW杯のグアダラハラ戦で土居聖真のグラウンダーのクロスに合わせて同点に追いつくゴールを決める!

クラブワールドカップ準々決勝、鹿島アントラーズ対グアダラハラの一戦は2018年12月15日、UAEのハッザーア・ビンザイード・スタジアムで行なわれている。

試合は、開始早々の3分に鹿島が先制を許す展開に。左サイドをブリスエラにドリブルで突破されると、自陣深くまで侵入を許し、クロスを供給される。中央ではマークがあいまいになった隙を突かれ、サルディバルにヘディングシュートでゴールを許した。

その後もピンチの連続だった鹿島だが、GKクォン・スンテのビッグセーブやCBの昌子源、チョン・スンヒョンらの身体を張った守備でなんとか追加点を許さずに前半を終える。

しかし鹿島は、後半開始からJリーグのベストヤングプレーヤー賞を受賞した19歳の安部裕葵が投入されると、そのドリブルでの仕掛けから攻撃の糸口を見いだしていく。

そして後半開始早々の49分、鹿島は中央でセルジーニョが粘り、左サイドを駆け上がった土居聖真にパスを通す。土居は左サイドで二人に囲まれながらも、グラウンダーのクロスを供給。これを中央に走り込んだ永木亮太が押し込み、ゴールネットを揺らした。鹿島が同点に追いついた。

戦況は一進一退の攻防を見せ、予断を許さない展開。なんとか勝ち越しのゴールを挙げ、レアル・マドリーの待つ準決勝に駒を進めたいところだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181215-00051504-sdigestw-socc

スポンサーリンク


ツイッターの反応

シェアする

フォローする